« 『新参者』(東野圭吾) | トップページ | 第17回お江戸オフ《品川宿 前編》 その2 »

2009/10/06

第17回お江戸オフ《品川宿 前編》 その1

 3日(土)は恒例のお江戸オフで品川を歩いてきました。品川周辺は見所満載のため、2回に分けて今回はその前編、鈴ヶ森から旧東海道を上るコースです。旧東海道に出る前に貝塚と歴史館に寄りました。

JR「大森」駅13時集合→①大森貝塚→②鹿島神社→③品川歴史館→④大井の水神→⑤鈴ヶ森刑場跡・大経寺→⑥浜川橋(なみだ橋)→⑦しながわ花海道(勝島運河沿い)→⑧鮫洲八幡→(休憩)→⑨大井公園(山内容堂の墓)→⑩泊船寺(芭蕉ゆかりの寺)→⑪海晏寺 (江戸の紅葉の名所)→⑫海雲寺→⑬品川寺(六地蔵)→⑭長徳寺(品川の閻魔様)→京急「新馬場」駅→品川「かこいや」18時

大森貝塚
 明治10年にアメリカのモース博士(写真右)によって発見され発掘された貝塚。モースは横浜から東京へ向かう汽車の車窓から発見したというからすごい(汽車の遅さもわかるけど)。現在、大田区の大森駅近くに石碑(写真左)、品川区に大森貝塚遺跡公園があります。園内には写真のモース博士像や貝塚のレプリカがあり、貝塚について学べるようになっています。

Img_1217Img_1223

鹿嶋神社
Img_1224 歴史館に行く途中に通ったので立ち寄りました。大井の鎮守で、平安時代に常陸の鹿島神宮を勧請したと伝えられています。立派な本殿は昭和初期の建築で、その右奥に江戸時代に建てられた旧本殿が保存されていることを後から知りました。

品川歴史館
Img_1227 品川区立の歴史博物館で、昭和初期に建てられた安田財閥系の安田善助邸跡地を利用して造られました。古墳時代から現代に至るまでの品川の歴史が学べるように、史料や模型が展示されています。とくに、品川宿のコーナーは充実していて、旅籠屋や水茶屋をはじめ様々な店が立ち並ぶ町並みのジオラマを見ながら当時を想像することができました。

<池上通り>
 歴史館、鹿嶋神社、貝塚、大森駅を通る池上通りは今の青物横丁あたりで旧東海道から分かれ、さらに南下して池上本門寺につながっています。江戸時代、本門寺へのお参りはこの道を通ったんですね。

大井の水神
Img_1232 鈴ヶ森に行く途中、偶然通りかかりました。マンション群の手前の狭いスペースです。かつてこの場所には地下水が湧き、飲料水や農業用水として利用されており、江戸時代に水神(九頭龍権現)が祀られました。雨乞いをしたり、歯痛止めのご利益もあったらしい。昭和50年頃まで湧き水があったそうですが、残念ながら現在は水道です。

 予定外の鹿島神社や大井の水神にも寄ったため、鈴ヶ森に着いたのは2時半頃になり、途中合流のメンバーにご迷惑をおかけしました。時おり小雨が舞うお天気でしたが、何故かどこに行っても蚊が多くて参りました。蚊に好かれる体質ゆえ、虫除けスプレーをたびたび使いましたが、それでもぶんぶん寄ってくる蚊蚊蚊。蚊がいなければ、もっと落ち着いて見学できたに違いありません。

続く

|

« 『新参者』(東野圭吾) | トップページ | 第17回お江戸オフ《品川宿 前編》 その2 »

コメント

土曜日はお疲れ様でした。

蚊の大群、ふわふわと呼びもしないのに寄ってきましたよね。(^^;;;
私は一匹だけにGパンの上から刺されたのですが他はおいしくなかったのか無事でした。(^。^;)

あとからででも、こうやってまとまった記事を読ませて頂くとなるほどなぁと思います。
至る所にお江戸の痕跡があるのですね。
品川にはほとんど立ち寄るチャンスがなくて今回、初めて歩きました。

品川歴史館は初めていったのですが、コンパクトでなかなか良い博物館ですね。
いまのいままで存在すら知らなかったのですが、もっと周知して来館者を増やしたほうが良いかなと人ごとながら思ってしまいました。(笑)

続きもおまちしています。
TB送りました。

投稿: 陶片木 | 2009/10/06 20:13

お世話になりました。

そう言えば、蚊にたかられてたまぶたは無傷だったんですよ!

品川歴史館のおじいちゃんは親切でしたsmile

投稿: ゆれい | 2009/10/06 22:16

土曜日はありがとうございました。
いつもながらすっきりわかりやすい記事に感心してます。さすがだわ~
もう私が書くことも、

一応一生懸命地図を作りかけててそれで手間取ってアップできないままだったのですが、その地図も必要なくなってしまったし・・。

いつになるかわかりませんがそのうちアップしてTBさせていただきますね。

いろいろご迷惑ばかりおかけしてますが、これからも懲りずにお付き合い下さいませm(_ _)m

投稿: 桜桃 | 2009/10/06 23:14

土曜日はありがとうございました。
あちこち興味をひくものが多くて、やはり一日じゃまわりきれなかったですねー。

あとで私もTBを送ります。
その2を書くのにも時間がかかりそう~^^;

投稿: ぶんぶん | 2009/10/07 07:38

陶片木さん、ゆれいさん、桜桃さん、こんにちは。
先日はたいへんお世話になりました(^^)。

>陶片木さん

 山の中ならともかく、品川で蚊に襲われるとは思いませんでしたよね(^^;)。Gパンの上から刺すなんて、強靭な蚊だわ。

 旧東海道は当時の面影はなかったけれど、街道沿いの神社仏閣が江戸を偲ばせてくれましたね。後半も楽しみです!

 貝塚公園といい、歴史館といい、品川区はお金持ちなのね、と思いました(^^ゞ。

>ゆれいさん

 まぶたが無傷で何より! ものもらい状態にならずによかったです。

 おじいちゃんの説明はありがたくて、ちょっと……でした(^^;)。私もボランティアおばあちゃんを目指そうか?(^^ゞ

>桜桃さん

 えっ、どうして必要なくなったの? そんなこと言わずにアップしてくださいよ。私も次で地図を載せたいと思っています。

 こちらこそこれからもよろしく! 桜桃さんのパワーがなければ、お江戸オフはこんなに続かなかったと思います。引き続き、ガンガン引っ張ってください。

投稿: Tompei | 2009/10/07 07:56

>ぶんぶんさん

 入れ違いになりました。こちらこそ、いろいろありがとうございました! 各種調整に感謝しています。

 今回は見所満載で、記事を書くのもたいへんですね(^^;)。今週中には仕上げたいけれど、はたして?

投稿: Tompei | 2009/10/07 08:03

先日は(も)、お世話になりました♪

モース博士は汽車の窓から見つけたんですか、
すごい動体視力!
Tompeiさんの記事は、いつも勉強になります。
今までのを全部まとめて行ったら、
ガイドブックになりそう。

蚊はほんとに多かったですね~
私は蚊に刺されやすいほうだと思ったのですが
ぜんぜん刺されませんでした。
かがトラップになってくれていたのだろうか?

投稿: TOKIKO | 2009/10/10 21:09

>TOKIKOさん

 先日はお疲れ様でした。お忙しいのに参加してくださって嬉しかったです。

>すごい動体視力!

 何気なく外を見てたら見つけたのかな? 「この辺にありそう」と思って観察していたのかな? 興味深いわ。

 虫除けがなかったら、私は蚊の餌食になっていたに違いない。スプレーしていても2ヵ所刺されました(^^;)。

投稿: Tompei | 2009/10/11 12:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/46412355

この記事へのトラックバック一覧です: 第17回お江戸オフ《品川宿 前編》 その1:

» 第17回お江戸オフ“品川”PartⅠ [陶片木]
降るのか降らないのかはっきりしないお天気の中、17回目のお江戸オフがありました。今回は品川界隈。コー [続きを読む]

受信: 2009/10/06 20:13

» 第17回お江戸オフ“品川”PartⅠ [陶片木]
降るのか降らないのかはっきりしないお天気の中、17回目のお江戸オフがありました。今回は品川界隈。コー [続きを読む]

受信: 2009/10/06 20:19

» 第17回お江戸オフ品川界隈その1 [Fancy Pet]
先週末はお江戸オフでした。 晴れ女軍団には珍しく小雨にやられましたが、降ったりやんだりでそんなにささずに済んだのが良かったです。 さて、今回の当初予定していたコース。 大森駅→貝塚→歴史館→鈴ヶ森刑場... [続きを読む]

受信: 2009/10/08 12:24

» 第十七回お江戸オフ ~品川《前編》 その1~ [あん・ぷろん・ぷちゅ]
9月26日(土)、恒例のお江戸オフでした。 今回のお題は、“市中引き回し”の一旦 [続きを読む]

受信: 2009/10/08 14:24

» 第十七回お江戸オフ ~品川《前編》 その2~ [あん・ぷろん・ぷちゅ]
お江戸オフ続きです。 ①大森貝塚  〈大田区記念碑〉 大森貝塚としては、なぜか記 [続きを読む]

受信: 2009/10/08 14:32

» お江戸オフ*品川 [GALLERY]
10月2日 大森駅に集合し品川駅の方角へ向かうコースの お江戸オフに参加させてい [続きを読む]

受信: 2009/10/09 15:01

« 『新参者』(東野圭吾) | トップページ | 第17回お江戸オフ《品川宿 前編》 その2 »