« 向島百花園の萩 | トップページ | 江戸百景めぐり<押上界隈> (その2) »

2009/10/01

江戸百景めぐり<押上界隈> (その1)

 広重の「名所江戸百景」は全119枚(二世広重作の1枚を含む)の浮世絵集ですが、その中に押上周辺のものが4枚あります。場所も絵もマイナーですが、いや、マイナーだからこそ、地元出身者としてははずせません。前々から訪ねてみたいと思っていたので、百花園に出かけた機会に巡ってみました。初めての場所ばかりです。

 まず1枚目は「請地(うけち)秋葉の境内」。請地という地名は現在は残っていませんが、昭和30年代まで実家の住所表示は請地(うけじ)町でした。昭和20年代までは東武線、京成線とも請地駅があったそうですが、さすがに私もそれは知りません。古くは浮地と称し、埋立地を意味したらしい。

Photo_2

Img_1188Img_1190

 秋葉神社(秋葉大権現)は鎮火の神で、江戸時代、大奥女中の篤い信仰を得ていました。この浮世絵のように、当時は境内に広い池や築山があり、とりわけ秋の紅葉が美しかったそうな。門前には料亭が並び、鯉料理が名物だったとか。残念ながら、現在は境内が縮小されてしまって、その面影はまったくありません。社殿は戦後の再建で、数基の石燈篭だけが江戸時代の賑わいを知っています。

 秋葉神社から押上駅方面に向かう途中、高木神社、飛木稲荷神社(写真、左から)を通りました。飛木稲荷は実家の氏神様で、子供の頃は毎年9月のお祭りをそれはそれは楽しみにしていました。薄荷パイプやあんず飴の味を知ったのもこの場所です。鳥居前に立つ御神木の大銀杏は樹齢5~600年で区内最古で最大の木。戦災で焼かれ、昔はもっと貧相だったのにこんなに立派になっていて、勇気づけられる思いがしました。

Img_1192Img_1195

 2枚目は「小梅堤」。絵の中の川は、明暦の大火後に開削された亀有上水(本所上水)で、50年程で廃止された後、上流部はそのまま用水として残され、曳舟川と呼ばれるようになりました。現在は暗渠化されて曳舟川通りになっています。したがって、この絵の場所も何の変哲もない普通の道路なので、今回は反対方向でもあり割愛しました。東武線「業平橋」駅付近なので、次回のスカイツリー撮影の折にでも立ち寄ってみます。

Photo_2Img_1878_2


(追記 2010年1月5日: 1/2撮影の曳舟川通りの写真を貼っておきます)

続く

|

« 向島百花園の萩 | トップページ | 江戸百景めぐり<押上界隈> (その2) »

コメント

あ、これはいいですね!
このシリーズ、ずっと続けてくださいな。


>飛木稲荷は実家の氏神様で、子供の頃は毎年9月のお祭りをそれはそれは楽しみにしていました。

Tompeiさんの幼少の頃を想像してにやにやしてしまいました。
きっと利発で結構お転婆な少女だったにちがいない^^;

投稿: ぶんぶん | 2009/10/01 15:14

>ぶんぶんさん

 おはようございます。

 お江戸オフで訪ねた江戸百スポットもまとめたいけれど、改めて書くのは面倒だし、どうしたらいいかしらね。

 子供のときからお祭り好きなミーハーでした(^^ゞ。昼間はお神輿、夜は盆踊り、大活躍でしたよ。

 明日のお天気が心配だ……。

投稿: Tompei | 2009/10/02 07:02

Tompeiさん

はじめまして、飛木稲荷神社経由で
おじゃまします。

桜は、花より幹が好きです。
散ることのない、確実な美しさがそこにあります。

飛木稲荷神社が、ご実家の氏神さまとのこと、
神社の御神木を描いた絵本を一冊、
ご紹介させてください。

戦時中、東京大空襲の火の海から、神社や
近隣の家々を守ったイチョウの樹たちの実話です。

確か、全国の図書館に入っています。
「七本の焼けイチョウ」という題名です。

もし機会がありましたら、
是非ご覧になってみてください。

投稿: ヨシ | 2010/03/31 17:54

>ヨシさん

 はじめまして。コメントありがとうございます。

 飛木稲荷のご縁でご訪問いただき、嬉しく思います。スカイツリーが建ち、どんどん変わっていく押上の町をあのイチョウの木はどんな思いで眺めているでしょうか……。

 「七本の焼けイチョウ」をご紹介いただき、ありがとうございます。地元の図書館には残念ながら置いてないようですが、どこかで見つけて読んでみたいと思います。

投稿: Tompei | 2010/03/31 23:59

Tompeiさん

お返事ありがとうございます。

想像はしていましたが、画像で見たスカイツリーには驚きました。

町も変わってきましたか‥、
近日中には押上を、久しぶりに訪ねようと思ってます。

早速図書館を調べて下さったのですね、ありがとうございます。

ありませんでしたか、ごめんなさい!

「飛木稲荷神社」正面の右手、
宮司さんのいらっしゃる社務所に、一冊あったことを思い出しました。

ご実家にご帰郷されるおり、
もしお時間ありましたら是非に。

Tompeiさんのブログ、楽しいですね♪
また遊びにきます!


投稿: ヨシ | 2010/04/01 23:09

>ヨシさん

 たびたびのコメントありがとうございます。

 ヨシさんも押上に住んでいらしたのでしょうか? ぜひ間近でスカイツリーをご覧になってください。押上が押上じゃないみたいですよ。飛木稲荷にもぜひ!

 これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Tompei | 2010/04/03 01:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/46361136

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸百景めぐり<押上界隈> (その1):

« 向島百花園の萩 | トップページ | 江戸百景めぐり<押上界隈> (その2) »