« 『アリス・イン・ワンダーランド』 | トップページ | 人形町界隈散策(その1) »

2010/04/19

ドラマ『新参者』

 待望のドラマ『新参者』が始まりました。原作者の東野圭吾さんのファンであり、原作『新参者』のファンであり、刑事の加賀恭一郎のファンであり、阿部寛さんのファンであり、人形町のファンであるため、期待と不安をめいっぱい膨らませ緊張しながら観ました。初回の印象はまずまず、かな。

 「阿部さんは加賀恭一郎のイメージじゃない」と配役発表時から思っていましたが、やっぱりかなり違いました。加賀はアクがなくてもっとソフトなイメージ。もちろん技量に不満はなく、阿部さんなりの加賀はできあがっていましたが……。どちらかと言えば、阿部寛はガリレオで、福山雅治が加賀ではない?

 加賀をとりまく刑事陣、被害者一家もなかなか面白いメンバーだし、それに絡む人形町の人々も役者揃い。昨日の初回では市原悦子と弥太郎さん香川照之の演技が光ってました(それにしても、香川さん忙しすぎ)。

 でも、殺人事件の犯人を追うサスペンスドラマを下町の人情話のエピソードでつなげていくという手法がまだうまくかみ合ってない印象も……。そこに『新参者』の魅力があるので、回を重ねて落ち着くことを期待しています。

Img_1928 人形町のロケがメインで、馴染みのある人形町の街並みがたっぷり映るのは嬉しいかぎり。ただひとつ疑問が――人形焼の亀井堂、重盛、板倉屋の名前はちゃんと出てきたのに、たい焼きは何故「柳屋」じゃないの? お店のほうの都合なら仕方ないけれど、タイアップのためなら許せぬぞ。

関連記事:
『新参者』(東野圭吾) (2009年10月5日)

新参者
新参者

|

« 『アリス・イン・ワンダーランド』 | トップページ | 人形町界隈散策(その1) »

コメント

私ももちろん見ましたよ~^^

>どちらかと言えば、阿部寛はガリレオで、福山雅治が加賀ではない?

私もそんな気が・・・

香川照之さんは芸達者で龍馬伝でもそうだけど、主役をくっちゃう存在感ですね~。

>でも、殺人事件の犯人を追うサスペンスドラマを下町の人情話のエピソードでつなげていくという手法がまだうまくかみ合ってない印象も……。

本を読んでいるのが災いしているのか、私もうまく絡み合っていない印象を受けました。

いずれにせよ、ちょっと楽しみなドラマです。

投稿: ぶんぶん | 2010/04/19 12:06

私も観ましたよ~
つっこみながら(ーー;

それは白鳥だろう(バチスタ)、とかどんとこい上田だろう(トリック)、とか。
でも、阿部寛、好きです。なんでも彼のキャラに出来るからそれも有りかなと思ってみてました。

>うまくかみ合ってない印象も……。
そうなんですよ!人形町の必然性が感じられなかった。次回に期待してます。

投稿: 桜桃 | 2010/04/19 15:00

ぶんぶんさん、桜桃さん、こんにちは。
さっそくのコメント、ありがとうございます!

>ぶんぶんさん

 読んだ本がドラマ化(映画化)されるとだいたい不満が出るものですよね。映像の場合は謎解きで集中して一気に結末に持っていく話のほうが盛り上がりそう。これは結構難しいのかもね。今後に期待します。

 ガリレオと加賀さん、逆のパターンも見てみたいわね。

>桜桃さん

 私はバチスタを観ていないの。そういえば、来週は同じ時間帯に「トリック」が放映されるらしい。自分の作品とぶつかるのね。

 初回だから状況は説明しなければならないし、登場人物は顔見せしなければならないし、「サスペンスだけど人情物です」ということを納得させなければならないし、たいへんだったわね。次回はもう少し落ち着いているといいな。

投稿: Tompei | 2010/04/19 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/48125966

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ『新参者』:

« 『アリス・イン・ワンダーランド』 | トップページ | 人形町界隈散策(その1) »