« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010/05/27

浅草国際劇場

 浅草ビューホテルの記事を書いたついでに昔話をひとつ――。

 このホテル(写真左)がオープンしたのは25年前ですが、それ以前、ここに国際劇場(写真右)という劇場があったことをご存じでしょうか? 「東洋一の五千人劇場」というキャッチフレーズの大劇場で(実際は4000席弱)、とにかく広かった。古びて汚かった。下の画像はWikipediaからお借りしたもので、戦前の建物。東京大空襲で一部被弾して修復された戦後の建物はこちら(著作権の関係で持ってこられない)。

Img_2534Asakusa_international_theater_in_ta

 何を隠そう、私はこの国際劇場で初めてヒデキの生のステージを観たのでした。昭和49年夏、西城秀樹ワンマンショーと映画『愛と誠』。当時、ここや日劇では実演と映画の二本立て興行でした。ステージの生ヒデキとスクリーンのどアップヒデキのWパンチにやられ、激しい恋の風にまきこまれた私。翌日、今度は一人で出向き、二本立てを2回繰り返して、命も心もこの愛も捧げる心境に至りました。

 ヒデキだけではありません。マチャアキを最初に見たのもこの劇場。幕が開き、『さらば恋人』の前奏が流れてきた時のときめきは今でも忘れられません。さらにさかのぼって、小学校時代、母に連れられて水前寺清子を見に行ったこともありました。国際劇場は私のミーハー心を刺激し育てた場所。この劇場がなかったら、ミーハーとは無縁の真っ当な人生を送っていたかもしれません。

 いや、遺伝だから無理か。実は母もここでミーハー心を鍛え上げた一人。国際劇場はSKD(松竹歌劇団)の本拠地でしたが、母は青春時代、熱心なSKDファンで劇場に通いつめたそうです。戦前は宝塚と競い合うほどの人気だったようで、「宝塚よりスマートで格好よかった」とは母の弁。私も何度か連れて行かれましたが、どうせなら宝塚に連れて行って欲しかった……。

 こうして国際劇場のおかげで立派なミーハー人間に成長した母娘です。そんなわけでこの場所に足を踏み入れたら何やら心が浮かれ、ついこんな文章を書いてしまいました。

Img_2547 お口直しに写真を1枚。新仲見世にあるブロマイド専門店「マルベル堂」の店頭で撮りました。ジュリー祭りと書いてありましたが、目ざとくヒデキとマチャアキを発見! 昔、よくここでブロマイドを買ったものです。ブロマイドを選ぶ時の照れくさいようなドキドキ感といったら……。ここも母娘2代にわたって御用達のお店でした。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010/05/26

東京スカイツリー from 浅草 2010.05.25

Img_2537

 浅草ビューホテル27階「蒔絵」からの眺望です。昨日、旧友とのランチの集いがありました。お食事はまぁそれなりでしたが、何よりもこの景色がごちそうでした。浅草寺の向こうにスカイツリーがそびえ立つ絶好のロケーション! どうぞ拡大してご覧ください。

 手前左の白いシートに覆われた大きな建物が浅草寺の本堂。現在、平成本堂大営繕中で今年11月末に完了の予定です。その右に五重塔、さらに右、緑が生い茂っている辺りが浅草寺の伝法院です(伝法院の記事はこちら)。その奥にアサヒビールの金色のオブジェも見えています。

 タワーのまわりに高い建物がないので足元から全体を見られるのが嬉しい。スカイツリーの公式サイトによると、現在の高さは389m。あと250m高くなる完成時にはさらに迫力ある姿を見られそうです。

 食事の後、観音様をお参りして、吾妻橋の橋詰まで歩いてみました。墨田区役所とアサヒビールに挟まれて遠景のスカイツリーが見えて、こちらもいいカメラスポットです。タイミングよく新型水上バスがやってきたので、あわててシャッターを切りました。

Img_2549

| | コメント (12) | トラックバック (1)

2010/05/23

雨の根津美術館

 雨の日曜日、いかがお過ごしですか? そろそろ走り梅雨かしら。

Img_2 前の記事と前後しますが、先週の木曜日、こぬか雨の降る中、お江戸オフのお仲間と根津美術館に行ってきました。晴れていたらスカイツリーを見物する予定でしたが、雨なので急遽変更した次第。昨年新装オープンしたこの美術館に行ってみたいと思っていたので、ちょうどいい機会でした。

 緑に囲まれた美術館で静かに日本画などを鑑賞するのもまたよし、と思いつつ出向きましたが、なんと人が溢れていて少し見込み違い。表参道駅の出口から続く、表参道らしからぬ中高年者の人波は根津美術館を目指していたのでした。公開中の国宝「燕子花図屏風」と庭園に咲く燕子花(かきつばた)を取り上げて、テレビでも紹介されたらしい。

Img_2492

 以前は知る人ぞ知る閑静な美術館だったんです。私が前回訪ねたのは40年(!)近くも前なので比べるのも難ですが、あまり人気(ひとけ)がなく閑散としていた記憶があります。それが今や立派で斬新な建物になり、青山の雑踏とは別世界のような深い緑を抱いた美術館として人気(にんき)を博しているようです。

Img_2500

Img_2495

 それにしても、こんな一等地に広大な土地を所有し、国宝、重要文化財をはじめ7000点近くの美術品を収集した根津氏とは何者か、とても気になります。調べたら、初代・根津嘉一郎氏は幕末生まれの実業家で、経営手腕を発揮して多くの企業の買収や再建を図った人物だそう。とくに、経営不振だった東武鉄道を再建させた立役者として知られていて、現在も東武鉄道の社長は根津一族なんですって。

 東武鉄道! スカイツリーを建設している会社ではないですか。スカイツリー見物の予定が根津美術館訪問に変更になったのもこんなご縁があったからかもしれません。

 思えば、東急の五島家(五島美術館)、阪急の小林家(逸翁美術館)も美術館を持っているし、時代的に鉄道業は儲かったんでしょうね。その利益で美術品を収集して、お茶会を通じて交流したりしていたのでしょう。西武の堤家はちょっと方向が違う?

 暇なせいか長くなりました。美術館を出た後、スパイラルの脇の「ナプレ」で美味しいランチをいただきながら、ゆっくりおしゃべりしました。ご一緒してくださった桜桃さん、ぶんぶんさん、お世話になりました。TBをお送りします。

Img_2504 そうだ! お江戸情報がひとつ。スパイラルの一角に「高野長英先生隠れ家」の石碑を発見。処刑される前、この地にあった質屋の離れに住んでいたそうです。ああ、『風雲児たち』の長英の顔が浮かぶ……。

| | コメント (8) | トラックバック (3)

夜の薔薇

Img_2520

 神代植物公園のバラ園でライトアップが行われているので出かけました。15日から30日までのバラフェスタ開催中、週末のみ実施されています。

 私のコンデジと技術ではライトアップの雰囲気を伝えられなくて残念。これでは昼間と変わらないですね。遠景を撮ろうとしても光が足りず、こんな写真がやっとでした。デジイチ所有のあなた、ぜひお稽古にいらしてください。

 バラ園はまさに満開。開ききった大輪の花がぎっしり並んでいて壮観でした。昼間遠目に見たら、色とりどりでさぞかし美しいに違いない。でも、ちょっと咲き過ぎか。一輪のバラがもっとも魅力的に見えるのは7分咲きくらいの時ではないかしら。

Img_2514

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010/05/21

三点リーダの謎 ≪解決編≫

 皆様から情報をいただいたおかげで、昨日の記事の謎が無事解決しました。……←ね、ちゃんと真ん中に点があるでしょう?

 takoさんのご指摘のとおり、このブログのフォントが「Trebuchet MS」という欧文フォントに設定されていたため、三点リーダが文字化けして下方に3点並んで見えていたのです。教えていただいた下記のサイトに詳しい説明があります。
三点リーダーが文字化けする
SafariとCSSのフォント指定

 上記の文字化け現象はFirefox、Safari、Internet Explorer 8で起こるようで(Operaは文字化けなし)、今までIE6を使用していた私は今回初めて気がついた次第。惑さんによれば、IEは今バージョンからfont-familyの指定を正しく表示するようになったため、この現象が起きるとのこと。つまりより正確になったと言えるらしいのですが、はっきり言って私にはその辺はよくわかりません。

 すべての文字のフォントを「MSゴシックP」に設定しなおしたら、三点リーダが正しく表示されました。そもそも、こだわりがあって欧文フォントを選択していたわけではなく、デフォルトをそのまま選択していたので欧文フォントに未練はありません。フォントの美しさより日本語としての正確さが大切です。

 「……」を多用する口ごもりがちな(?)私には三点リーダは必要不可欠。減らすに越したことはないと思いながら、つい使ってしまいます。何しろサブタイトルにまで。そのサブタイトルの三点リーダはずっと正しく表示されていたことに後から気づき(明朝体だから)、苦笑してしまいました。

 今まで下方の点をご覧になっていた一部の皆様、お見苦しくて申し訳ありませんでした。今回コメントをくださった皆様、本当にありがとうございました。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2010/05/20

三点リーダの謎

(おかげさまでこの問題は解決し、現在当ブログの三点リーダは正しく表示されています。詳細は次の記事へ)

 突然ですが、「…」←これはどう見えますか? 1マスに点が3つ並んでいる三点リーダという記号ですが、私のPCでは点が真ん中ではなく下に並んで見えます。原稿ではちゃんと真ん中に並んでいるのに、記事をアップすると下になってしまうのです。何故?

 そればかりか、自分の過去記事の三点リーダも全部下、ほかのサイト(例えば、Wikipedia)でも下のラインに見えます。全部がそうならPCかブラウザの関係かと思うのですが、ちゃんと見えるサイト(例えば、こちら)もあるので解せません。PCが変わってからこの現象が起きたのは確かなんですが……(←おかしいでしょ?)。

 何か情報があったらお知らせください!

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2010/05/18

パソコン買い替え

 8年ぶりにノートパソコンを買い替えました。この記事は第4代PCのWindows7機で書いています。

 先代XP機は今年に入って蓋の部分が自力で立てなくなり支えをして使っていましたが、ここにきてHDDの残り容量が急速に減って最後は200MB台になってしまいました。不要不急のソフトは削除し、データは外付けHDDやネット上に移動させ、頻繁にクリーンアップをかけてだましだまし使っていましたが、もはや限界です。

 PCの変遷は下記のとおりですが、XP機はずばぬけて長寿でした。しかも一度も修理することもなくタフで頼りになる優秀マシン。XPというOSが安定していたのと、機械が"当たり"だったせいでしょうか。だから今回も東芝dynabookにしました。
 1996年12月___W95(メモリ32MB・ HDD1GB)
 2000年12月___Me(64MB・4GB)
 2002年9月____XP(256MB(512MBに増設)・30GB)
 2010年5月____W7(4GB・500GB)

 画面はものすごくきれいだし、動きはサクサク快適です。でも、Windows7と横長の画面に慣れるにはしばらく時間がかかりそう。キーボードにはテンキーもついているため、今までとはキーの位置が微妙に違うのが結構面倒。長年の習慣でつい違うキーを押してしまいます。

 このブログの見え方もかなり変わりました。画面が横長になった分、左右の背景の部分が広くなって不格好というか貧相な感じ。本文の部分の幅を広げたほうがよさそうですが、そうなると今までの画像の幅と合わないので考えてしまいます。そうそう、この機会に本文の字を少し大きくしました。この幅には前のサイズのほうが見栄えがいいけれど、「目に優しい」を優先せざるを得ない状況です(汗)。(ブログの文字を大きくしたうえにブラウザの字を大きくしたら見づらくなったので、その後また戻しました)

 それにしても、vista以降、大容量化が進んでいますね。今のPCに比べると、初代のWindows95機なんておもちゃのよう。それが今の5倍程の価格だったのだから、この分野の進歩は驚くばかりです。さて、このPCはどの位使えるでしょう? 先代にあやかって故障せず長く使えますように。XP機、長い間、お疲れ様でした。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2010/05/12

日本民家園と等覚院

 今更ですが、GW直前に行った日本民家園の写真を貼っておきます。生田緑地に古民家など25の建物を移築復元した川崎市立の野外博物館で、思いのほか見応えがありました。

Img_2416Img_2417

Img_2419Img_2423

 外観だけでなく内部までしっかり復元されていて、いくつかの建物では囲炉裏の火が入れられていました。煙で燻すことによって、建物や茅葺屋根を保護しているんですね。新緑の中を鶯の声を聞きながら民家を見てまわっていると、遠くまでやって来たような錯覚を覚えました。

Img_2426 民家園の並びにある岡本太郎美術館も見学しました。岡本太郎の母、岡本かの子が川崎の出身で太郎もこの地で生まれた縁で設立されたとのこと。岡本太郎の芸術が凝縮した立派な美術館でした。シンボルタワー「母の塔」は高さ30mもあり、緑地の中で異彩を放っています。

 そもそもこの日の目的は、生田緑地に程近いつつじ寺の等覚院。見頃にはやや早かったので、「1週間後にもう一度訪ねたい」と思っていましたが、残念ながら行きそびれました。来年のお楽しみにします。

Img_2412Img_2413

 この地に暮らして15年以上になるのに、多摩川を渡ってすぐのところにこんなに緑深い場所があるとは知りませんでした。これから時々出かけてみます。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010/05/10

GW2010ようやく終了

Img_2478

 今朝、夫が12日ぶりに出勤しました。ふぅ、長かった。11日連休というのは過去最長でありました。長期旅行でもすれば別ですが、夫婦二人でずっと自宅で過ごす11日間はむやみに長く、途中、やや険悪な空気も流れ……。やっぱり、定年後はペットでも飼わないと無理かも?

 それにしても、好天に恵まれたGWでしたね。4月の天候不順が嘘のように連日、行楽日和が続き、家の中にいるのがもったいなくて落ち着かない日々。どこに出かけても新緑がまぶしく、フレッシュな緑と青空のコントラストに心洗われる思いでした。

 というわけで、新緑の写真を貼っておきます。上の写真は、地元の野川公園。先月、お花見で歩いた所よりやや上流になります。下は大山と生田緑地。昨秋に続いて、また大山に行ってきました。無謀にも車で出かけたら、渋滞にはまり4時間かかって到着。今回は当然、往復ともケーブルを利用しました。生田緑地は初めてでしたが、我が家からは多摩川をはさんで車で20分程と近いことがわかったので、また行ってみようと思います。

Img_2460

Img_2427

 ひさしぶりに海を見られたことも嬉しかった。海って癒されます。新緑と海によい気をいっぱいもらったので、今日からまた日常をしっかり暮らさなくては!

201005061153000_2Img_2470


| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »