« 箱根の週末 | トップページ | 大雄山最乗寺 »

2010/06/03

聞く耳を持たない

 とうとう鳩山首相が退陣を表明しました。ピンチに登板するリリーフピッチャーの器じゃなかったのかな。平穏な時代なら案外国民に支持されて長続きしたかもしれません。

 政治の問題はさておき、「国民が聞く耳を持たなくなった」という言葉が私はどうも気になって……。「聞く耳を持たない」には「相手の話を頑として受け入れない」頑固一徹な悪いイメージを感じるのですが、そんなことないですか? この言葉を聞くと、「私はしっかり仕事をしてきたのに、(頭が固い)国民は全然わかってくれず話も聞いてくれなくなった。(まったく心外なことだ) 国民を納得させられない私も悪いけど」というように受け取れてしまいます。

 あ、そういうこと? 自分の仕事のせいで国民にそっぽを向かれてしまったという認識はない? それならこの言葉が適切かもしれません。

 「私の不徳の致すところ」と反省しているなら、もっと別の言葉を使えばよかったのに、と思って書き始めましたが、思いがけない方向にまとまりました。

|

« 箱根の週末 | トップページ | 大雄山最乗寺 »

コメント

そうそう、私もヒヨドリだかムクドリだかのくだりは、ふんふんとうなずいて聞いていたのですが、“聞く耳を持たない”というのは違和感を覚えました。まぁ、そのあと不徳の・・とは続いてたので自分を納得させましたが^^;;

でも、

>自分の仕事のせいで国民にそっぽを向かれてしまったという認識はない? それならこの言葉が適切かもしれません。

ま、まさかね?やっぱりそう??

投稿: 桜桃 | 2010/06/03 10:20

聞く耳は
普通は本々持ってない状態で
そうなる様に変化するってのはなんか変かな~
と、思いましたが…

しょっぱなが、期待してる人たちが多かったのかな?

まあ、聞く耳持たないような人たちを説得して懐柔していくのがプロなんだろうから、所詮素人だったのかなあ~と残念に思います。

投稿: ゆれい | 2010/06/03 10:32

あの方は最初から
「自民党が」「前政権が」
「秘書が」「官僚が」
と誰かのせいにしてきました。
最後は「国民が」でした。

「聞く耳をもたないからだ」と言われても、
それに値するような事をやってくれればね、
国民も聞く耳をもってくれたかもしれません。

なんだか変な人が9ヶ月も日本の舵取りをしてしまったな〜という印象です。

投稿: 茶菜 | 2010/06/03 10:52

私も、まさしく同じ部分にひっかかっていました。
今三省堂の辞書で引いたら
「聞く耳」
他の意見を素直に聞く謙虚な姿勢

だそうです。

謙虚な姿勢が国民に欠けてた?って言いたいわけ?とよけい腹がたってきました。

期待しすぎた私達も悪かったってことでしょうか。
でも、事業仕分けは良かったかな。

投稿: ぶんぶん | 2010/06/03 11:01

私も違和感を感じてTVに突っ込みいれてました^^。
鳩山さんの「聞く耳を持たない」という発言には、
何となく、
「このおもちゃ壊れちゃった」的な、子供っぽい自己中心性も感じられて。。。。(ブラック過ぎですか?)

やっぱり、1500万の子供手当てをもらっているだけあって、私には到底理解しがたいですeye

投稿: ayakomame | 2010/06/03 14:08

そうそう、私もそれは使い方が違うか、それとも、何?国民が悪いっていうの?・・・と思いました。

やっぱり口から出る言葉は、うわっつらだけですね。「不徳の致すところ・・・」なんて言っても、お腹の中が透けて見えました。

本当に決断力が無くて、思ったとおり総理大臣なんて器じゃない人でした。

外国からどんなふうに見られているか、本当に恥ずかしいです。こんなにコロコロ国のリーダーが変わるなんてね。

投稿: Nawo | 2010/06/03 16:42

皆様、こんにちは。コメントありがとうございます。

やっぱり違和感を感じますよね。たぶん鳩山首相は意識してこの言葉を選んだのではないと思いますが、無意識に使った言葉の中に本音がちらっと垣間見えたような気がします。

>桜桃さん

 言葉遣いが不適切なだけと思いたいけれど、肝心なところでこんな間違いをするのも情けない。なにしろ主語が「国民」なので、国民の神経を逆なでしちゃう。残念な間違いですね。あ、故意に使ったとしたら論外です!

>ゆれいさん

 そうそう、「聞く耳を持たなくなった」という完了形はあまり使いませんよね。

 最初はあんなに高かった支持率が低下しちゃったことを嘆いているんだろうけれど、それを他人事のように話すのがどうも……。

>茶菜さん

 「国民に耳を傾けてもらえなくなった」などと、あくまでも自分を主語にして語るべきですよね。そういう意識が足りないことを最後にもう一度露呈してしまったような気がします。

 こんなにめまぐるしく一国の長が変わる国は国際的地位がどんどん落ちちゃいそうですね。

>ぶんぶんさん

 この言葉は単に状態を表しているだけじゃなくて、「謙虚さが足りない」「頑固一徹」という性質を含んでいるところが問題ですよね。鳩山さんはそれに気がついてないのかしら?

 さて、これからどうなるのか? 幕末の志士のような人物が出てこないかな。

>ayakomameさん

 うんうん、わかります、そのブラック。残念ながら、そんなことを想像させるようなことをやってきたし、言ってきましたよね。

 人柄は悪くないと思うけれど、感覚がかなりずれている。優柔不断な八方美人ですね。

>Nawoさん

 今、まさに同じことをレスに書いたところです。次の首相こそ日本のリーダーとしてふさわしい人物を期待したいところですが、そういう人物が見当たらないのは不幸なことですね。

 家長、社長、国の長はみんなにいい顔できるわけがなく、時には厳しい判断を下さざるを得ないことを本人が自覚し、みんなが理解しないといけないように思います。

投稿: Tompei | 2010/06/03 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/48530804

この記事へのトラックバック一覧です: 聞く耳を持たない:

« 箱根の週末 | トップページ | 大雄山最乗寺 »