« 第25回お江戸オフ≪成田山≫ | トップページ | ジュエルミネーション »

2011/01/26

「三成目線でいざ関ヶ原」

 私は現在、司馬遼太郎の『関ヶ原』を読書中。徐々に石田三成モードになりつつあります。理由は……たぶん、ご想像のとおり(笑)。

 そんな私ゆえ、今日の読売朝刊の文化(歴史)面のエッセーに思わず引き寄せられました。そのタイトルが「三成目線でいざ関ヶ原」。これが面白いのなんの! ぜひ紹介したくなりました。

 関ヶ原見物にはちゃんとした作法がある。東京から乗るときは徳川家康になったつもり、新大阪から乗るときは石田三成になったつもりで新幹線に乗り込む。
   東京からの家康バージョンは新幹線車内誌に発表済みで、今回は新大阪からの三成バージョン。手元に読売がある方は以下は読まずに、新聞をお読みいただいたほうが楽しめます。

 進行方向左側の窓際に座り、ときにはデッキに移動して、左右の車窓を三成の心境で眺めます。三成がお腹に悪いと信じていた柿は食べてはいけない。秀吉の城の近くでは秀吉に可愛がってもらったことを思い出し、桂川を見ては秀吉に褒められたことを思い出す。伏見城を探して、「攻めるぞ」と気概をこめる。憎き敵の井伊家の城が建つ彦根の町は見なかったことにする。最後に関ヶ原で「小早川はひきょう」と叫ぶ。にんまりしながら読み進んで、最後に爆笑しました。

 家康バージョンが乗る車内誌をプレゼントしてくれるとのお知らせに、さっそく応募してしまいました。

 これを書いた磯田道史さんは、映画化された『武士の家計簿』の著者なんですね。まだ読んでいないのでこれも読んでみようと思います。

 余談ですが――。家康バージョンのことに触れたブログ記事はないかと探してみたら、こんなブログにたどり着きました。

追記(2月2日)
 今日の読売朝刊の文化面に「磯田さんからお礼」という小記事が出ていました。なんと1369通も感想(車内誌プレゼント応募)が寄せられたそうです。「小早川はひきょう」のくだりで笑った人が多いらしい。1369分の60ではとても当たりそうにありません。いつかどこかで読めるといいなぁ。

追記(2月7日)
 桜桃さんによる実践編の記事はこちら。TBを送らせていただきます。

追記(2013年2月13日)
 昨年10月に発売された磯田さんの新刊『歴史の愉しみ方』(中公新書)に、「関ヶ原見物作法①家康篇、②三成篇」として載っていました。この記事から約2年、ようやく念願の家康篇を読むことができました。

歴史の愉しみ方 - 忍者・合戦・幕末史に学ぶ (中公新書)

|

« 第25回お江戸オフ≪成田山≫ | トップページ | ジュエルミネーション »

コメント

司馬遼太郎の「関が原」は読んだことがないのですが、石田三成の目線で描かれているのですか?

歴史ドラマではどうしても秀吉や家康が主役のことが多いので三成は賢くても人物的にはあんまり良く描かれていないですよね。

読売新聞、教えてくださってありがとうございます。面白かったです。
確かに家康側からのも読みたくなりました。

私も映画にもなった武士の家計簿、気になってます~。

投稿: ぶんぶん | 2011/01/26 20:45

>ぶんぶんさん

 おはようございます。

 さっそく読んでくださったのね。面白いでしょ。家康バージョンを入手したあかつきにはまわしますね(^^)。

 「武士の家計簿」は堺さん主演だし、見たいと思っていたのに見逃してしまいました。本も面白いらしいですね。図書館に予約を入れました。

 「関ヶ原」はかなり三成寄り(途中までの印象)。少なくとも家康目線ではありません。小栗旬のイメージで読み進めています(^^ゞ。ヅカのごひいきが演じるんですけどね(^^;)。

投稿: Tompei | 2011/01/27 07:21

私も最近関ヶ原を読み直したばかりです。
三成の不器用さにイラッと来たりしますが、
面白い小説ですね。

めったに乗らないけれど、
私も新幹線で東に向かう時は、ここが関ヶ原、
あのあたりが松尾山かな、などと思って車窓を眺めています。
叫びはしないけど、秀秋さえと考えたりもしますね。

その前に、正則の馬鹿~かな。

投稿: なおくん | 2011/01/27 20:18

>なおくん

 こんばんは。コメントありがとうございます。

 なおくんも「関ヶ原」を読まれたんですね。義だけじゃ駄目ですよね、三成。もっとうまく立ち回らなきゃ。もしも三成が関ヶ原で勝っても、戦国時代は終わらなかったような気がします。

 彦根、もとい佐和山にも行ってみたいです。東京からだと家康目線になっちゃうかしら。

投稿: Tompei | 2011/01/27 22:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/50692869

この記事へのトラックバック一覧です: 「三成目線でいざ関ヶ原」:

» 今度は「光成目線で」関ヶ原! [あん・ぷろん・ぷちゅ]
2月5日から一泊二日で帰省してきました。行きの様子はこちら。 あいにく両日とも、 [続きを読む]

受信: 2011/02/07 09:47

« 第25回お江戸オフ≪成田山≫ | トップページ | ジュエルミネーション »