« 特別展「江 姫たちの戦国」(江戸東京博物館) | トップページ | 深大寺のだるま市 »

2011/03/01

「琳派芸術」展(出光美術館)

 早いもので今日から3月。月の替わりめなので、重い腰を上げてひさびさに更新します。さぼり癖は簡単につき、日を重ねるごとに抜けづらくなります。

Img_2 出光美術館で開催中の「琳派芸術 第2部 転生する美の世界」に週末行ってきました。陶片木さんにチケットをいただいたので、お江戸オフのメンバーで出かけた次第。当初の予定が変更になったため、ラッキーにも参加できました。

 出光美術館はお初です。美術館の階下の帝劇はおなじみなのに、9階に上がったことは一度もなし。観劇モードの時は美術館なんて近くても遠い存在ですからね。熱狂の舞台の上にこんなに静かで落ち着いた空間があるのが不思議な程でした。

 さて琳派。2年半程前の「大琳派展」をはじめ、鑑賞する機会が増えて、少しはわかってきたような気もしますが、審美眼にはまったく自信がなく語ることもできません。ひたすら絵画や陶器を眺めて感じるだけ。

 今回印象に残ったのは、抱一の銀地屏風「紅白梅図屏風」(右上のチケットの下の絵)。琳派といえば金のイメージなので、銀地の屏風は新鮮に感じられました。同じ抱一の「十二ヵ月花鳥図貼付屏風」は12ヵ月各月の花と鳥の絵が描かれてそれぞれが趣き深く、12ヵ月全体を見ても調和が取れていて美しかったです。

Rimpa_ph002

 これは抱一の「八ツ橋図屏風」。これを見て、根津美術館で見た光琳のかきつばたを思い出しました。帰ってから調べたら、根津美術館のは「燕子花図屏風」で、光琳の「八橋図屏風」はニューヨークのメトロポリタン美術館所蔵です。それが来月から根津美術館で公開されることを知り、見に行きたくなりました。こうして繋がっていくのが面白い。根津美術館のサイトからポスター画像をお借りしてきました。

Img_exhibition_korin_1_2

201102261211000 美術館の後はお楽しみのランチ。日生劇場の下の「春秋ツギハギ」に移動して、ゆっくりお食事とおしゃべりを楽しみました。こちらの滞在時間は美術館の4倍程! 花粉にまみれて出かけた甲斐があった有意義な1日でした。チケットを譲ってくださった陶片木さん、ご一緒してくださった皆さん、どうもありがとうございました。

|

« 特別展「江 姫たちの戦国」(江戸東京博物館) | トップページ | 深大寺のだるま市 »

コメント

Tompeiさん、先日はお世話になりました(^^)
いつもいろいろ調べてアップされてて流石!

絵について語るのは、難しいですね~
でも、お茶目に感じる絵も観る事が出来
親近感を感じ一人でニンマリしたりしてました♪

ランチ、美味しかったです。
平日にも行ってみたくなりました。

投稿: TOKIKO | 2011/03/01 13:40

Tompeiさんでもまだ行ったことのない美術館があったんですね^^

来月根津美術館に光琳の八ツ橋図屏風がくるんですか?また観に行かなくちゃ。その時にはまた出光では誰のを見たんだっけ?なんて思っていそう~^^;

私も絵のことはさっぱりですが、自分がいいな~と思えたらそれで良いですよね?

ランチ場所、ワインが美味しそうでしたね。ディナー時にも行ってみたいものです。

投稿: ぶんぶん | 2011/03/01 18:50

出光美術館、私も初めて知りました。
ゆっくり鑑賞できる、よい場所ですね。
ランチは午後半休の時のお楽しみにしたいです♪

投稿: pega | 2011/03/01 19:33

TOKIKOさん、ぶんぶんさん、pegaさん、こんばんは。
コメントありがとうございます。

>TOKIKOさん

 先日はありがとうございました。

 自分で絵を描くわけじゃないので、ただ眺めるしかできなくて……。回を重ねているうちに少しは見る目が養えるといいなぁ。

 個室のような空間でのんびりできてよかったですね(^^)。

>ぶんぶんさん

 先日はありがとうございました。

 「風神雷神」も誰がどの絵を描いたか、わかっていないのでした(^^;)。もっとじっくじ鑑賞しなくてはね。根津もご一緒できたらいいですね。

 あのお店でワインを飲んで、おつまみをいろいろ頼んだら、高そうだけど、たまには贅沢してみたい(^^)。

>pegaさん

 そうだわ、pegaさんの職場から近いですね。ぜひいらしてみて! 窓から見降ろす景色もなかなか素敵ですよ。あ、もしかしてpegaさんはいつもあんな景色を見ながらお仕事をしているのかしら?

投稿: Tompei | 2011/03/01 22:43

ここは本当に静かで大人の美術館って感じですよね。

チケットを送ってくれた後輩にも、みなさんのブログを紹介させて頂きました。
きっと喜ぶと思います。
ありがとうございました。

私も美術は専攻していないし、日本画は最近になって観るようになったので知識もなく、ただただぼんやりと眺めるだけなのですが、その色彩も構図もいいなぁと思うようになりました。

美術館同士の貸し出しはよくあるようですね。

チケットを送ってくれた後輩とはネットで知り合いました。
いろいろなことが、いろいろな形で繋がっていろいろな物が見えてくるのはいくつになっても楽しいなぁと思います。

投稿: 陶片木 | 2011/03/02 07:56

>陶片木さん

 チケットありがとうございました。送ってくださった後輩の方にもよろしくお伝えくださいませ。

 美術品の鑑賞はどうすればいいのか戸惑います。眺めて味わえばいいんでしょうけれど、鑑賞のポイントがわかるともっと面白そうな気がします。尻込みしないでいろいろなものを自分の目で見るうちに何かが変わってくるかもしれませんね。

 お江戸オフを続けていなければ、琳派とも浮世絵ともまったく縁がなく暮らしていたと思います。人との縁、その他いろいろなものとの縁、面白いですね。

投稿: Tompei | 2011/03/02 10:46

残念ながら低層で、ずっとブラインドを閉めてる職場なんです(涙)。

季節の良い時に1度ブラインドを上げていたことがあったのですが、
すぐにビルの管理者から「指導」が入りました。
ひょぇぇぇ。

投稿: pega | 2011/03/03 00:19

>pegaさん

 あら、それは残念。とは言え、ビルから一歩出れば丸の内のど真ん中。うらやましい環境です。丸の内勤務にあこがれていたので、今でもあのあたりを歩くと背筋がしゃきっと伸びる気がします(^^ゞ。

投稿: Tompei | 2011/03/03 17:30

先日はご一緒できてうれしかったです。
花粉の中(笑)ありがとうございました。
会場もお店もゆっくりできて、満足な一日でした。(まあ、地元に戻ってややクレーマーな後半がありましたが)

そう言えば日本画ってそんなにに観る機会がないですね~
ややそれ系の学科だったはずなのに、同じく語ることはできません。好き嫌いぐらい思えればヨシ!ですよね?

投稿: ゆれい | 2011/03/05 11:26

>ゆれいさん

 その節はいろいろお世話になりました。ご一緒できてよかったです。

 ややそれ系?!(爆) 今度いろいろ教えてくださいね! 私は日本画に限らず、洋画も陶器も門外漢だし、自分で描いたり作ったりもしないのでダメなんですよ。こうして少しずつ触れる機会ができたのもオフのお仲間のおかげと感謝しています。

投稿: Tompei | 2011/03/06 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/51002471

この記事へのトラックバック一覧です: 「琳派芸術」展(出光美術館):

» 出光美術館オフとあれこれの週末。 [Fancy Pet]
先週末に出光美術館「琳派芸術ー光悦・宗達から江戸琳派」を観にいってきました。 ゆれいさん経由で陶片木さんからチケットをいただきました。ありがとうございます! ご一緒したのはゆれいさん、Tompeiさん... [続きを読む]

受信: 2011/03/01 18:39

« 特別展「江 姫たちの戦国」(江戸東京博物館) | トップページ | 深大寺のだるま市 »