« 「琳派芸術」展(出光美術館) | トップページ | 今日から4月 »

2011/03/04

深大寺のだるま市

Img_0197_3

 昨日、深大寺のだるま市に行ってきました。毎年3月3、4日に行われる深大寺最大の行事「厄除元三大師大祭」に合わせて境内で開かれる市で、日本三大だるま市の1つとされています。近くなので一度行ってみたいと思っていました。境内ではたくさんのだるま屋さんが所狭しとだるまを並べ、参道には屋台が立ち並び、大勢の人で賑わっていました。

 元三大師堂の前には「だるま開眼所」が設けられ、長い列ができていました。ここで僧侶がだるまに目を入れてくださいます。1年目は左目に「阿吽」の「阿」の梵字、翌年、心願が叶ったら、右目に「吽」の梵字。感謝をしながら、これをお寺に納めます。目入れは無料ですが、台の上の三方にはお札もたくさん入っていました。

Img_0199Img_0198

 酉の市の熊手と同じく、だるまには値札が付いていないので、初めてだとちょっと買いづらい気もします。だるまさんにお願いするのは「家内安全」や「無病息災」でもいいけれど、何かもっと特別なお願いこそふさわしい気がするので、今回は買わずにおきました。

 お参りした後は神代植物公園をぶらぶら通り抜けました。全体的に殺風景な景色の中、梅と福寿草が春の訪れを告げています。目には見えないスギ花粉も鼻と目を刺激して春をアピール――だからこの季節の外出はイヤなのです。 それにしても、深大寺も植物公園もあいかわらずデジイチ中高年が多いこと! 最近は一世代から二世代上のお姉様カメラマンも多くて頼もしいかぎりです。

Img_0207

Img_0220

|

« 「琳派芸術」展(出光美術館) | トップページ | 今日から4月 »

コメント

ずいぶん昔に群馬 高崎だるま市に行った事があります。「焼きまんじゅう」がセットのイベントだったような。深大寺の場合にはだるま市と言えば名物の露店の食べ物とかあるんでしょうか?
ところで梅も福寿草も、背景のボケ具合も美しくnewコンデジなかなか良さそうですね。

投稿: | 2011/03/13 00:54

>惑さん

 コメントありがとうございます。お返事が遅くなりました。

 我が家は無傷で帰宅難民にもならずにすんだのに、何だか落ち着かない日々です。だるま市の日を遠く感じてしまいます。

 深大寺の門前周辺にはもちろん屋台があれこれ並んでいましたよ。お正月とはまた違う賑わいでした。

 散歩やカメラを楽しめる日常が早く戻ってきますように。

投稿: Tompei | 2011/03/14 13:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺のだるま市:

« 「琳派芸術」展(出光美術館) | トップページ | 今日から4月 »