« 近江紀行(その5)安土城 | トップページ | 近江紀行(その7)石山寺、三井寺 »

2011/05/31

近江紀行(その6)近江八幡

 旅行最終日の朝は近江八幡で迎えました。まずは車で日牟禮(ひむれ)八幡宮へ。

Img_0424110502




 近江八幡は豊臣秀次(秀吉の養子)が築いた城下町が発展した商業都市で、近江商人発祥の地。「八幡」の地名はこの日牟禮八幡宮に由来しています。古くは八幡山の山頂に上社が、麓(現在地)に下社がありましたが、秀次の築城時に合祀されました。

 八幡宮を参拝した後、ロープウェイで八幡山山頂へ。秀次は1585年、この山に八幡山城を築きました。現在は石垣の一部を残すだけで、跡地に瑞龍寺が建っています。この瑞龍寺は、秀吉に謀反の疑いをかけられて自害した秀次の菩提を弔うために、生母・日秀尼公(秀吉の姉)が京都に創建したお寺で、昭和36年にここに移築されました。ちなみに、秀次の後、京極高次が5年程城主となったので、お初もこの地で暮らしています。

Img_0416Img_0423

 この日はようやく晴れたのに、黄砂で見晴らしが悪くて残念。この後、八幡宮から歩ける範囲を散策しました。近江八幡の代表的な景観である八幡堀、近江商人の古い町並みが残る新町通り、市立資料館、ヴォーリズ建物などを見ながらぶらぶらしました(写真上から順)。ヴォーリズは明治時代に英語教師として招かれ、終生この地で暮らしたアメリカ人。建築家として多くの西洋建築を手がけた一方、近江兄弟社を創立してメンソレータムを日本に普及させました。

Img_0438

Img_0431

Img_0433Img_0436

Img_0439 静かで落ち着いたいい街です。GWだと言うのに観光客もあまりいないように見えるでしょう? が、ここは混んでいました。たねやです。たねやは近江八幡生まれの和菓子店で、バームクーヘンのクラブハリエも展開。近江八幡や彦根では一等地にたねやとハリエを並べ、レストランも併営して賑わっていました。


<追記: 2016年3月1日>

 母校・青山学院から送られてきた同窓会誌によれば、青学の神学部寄宿舎と高等女学部のプラット記念講堂はヴォーリズが手掛けたものだそうです。神学部寄宿舎は第二次大戦の空襲で焼失し、プラット記念講堂は戦災後、大々的に修繕して2013年まで高等部のPS講堂として使われたとのこと。高等部時代、毎日礼拝が行なわれていたPS講堂がもとはヴォーリズ設計とはびっくり! 


|

« 近江紀行(その5)安土城 | トップページ | 近江紀行(その7)石山寺、三井寺 »

コメント

え?メンソレータムの人は建築家だったのですか??
そういった知識も、お江戸の勉強からですか??

近江八幡は静かな感じでいいですね~

投稿: ゆれい | 2011/05/31 17:26

何となく懐かしい町並みの景色です。
父の郷は彦根の中の田舎ですが、
家の前の側溝はもう少し幅が広かったように思います。

たねやはおいしいですが、私は子供の頃は全く食べた頃がありませんでした。
近江牛もおいしいですよね。
これまた子供のときは全く食べた記憶がないのですが、数年前にいったときに初めて食べておいしくてビックリでした。(^^ゞ

ただ、名物「ふな寿司」だけは子供のときから見せられたけど食べたいと思ったことは一回たりともないですが。(笑)

最近になってやっと滋賀県もいいなぁと思うようになってきました。
父が亡くなってしまったので、そんな話も聞けないのが残念ですが、代わりにTompeiさんのブログで勉強させて頂きます。

投稿: 陶片木 | 2011/05/31 19:01

ゆれいさん、陶片木さん、おはようございます。
あっという間に6月ですね。

>ゆれいさん

 いえ、現地の観光マップの受け売りです(^^ゞ。マップにはないトリビアをひとつ。近江兄弟社は70年代に倒産しちゃって、その後はロートがメンソレータムを引き継いでいます。再建後の近江兄弟社はメンタームを発売。2種類あるの、知ってましたか? 色が微妙に違うけど、成分はほとんど同じらしいです。

>陶片木さん

 お父様は彦根のご出身なんですね。彦根城を誇りにしていらしたかしら? そういえば、亡き父は彦根で学生時代を過ごしたようで、生きていたらいろいろ話を聞けたのにと残念に思います。

 近江の和菓子屋さんとしては叶匠寿庵のほうが古いと思っていたけれど、東京進出が早いだけで、たねやのほうが歴史があるんですね。意外でした。

 近江八幡で食べた近江牛、とっても美味しかったです! 写真は自粛しました。そうそう、赤こんにゃくをおみやげに買ってきました。色は赤いけれど、味は普通のこんにゃくでした。

投稿: Tompei | 2011/06/01 07:28

近江八幡って落ち着いた町なんですねえ。賑やかな観光地とはちょっと線引きされてるのかなぁ。
ヴォーリズは母校を作った関係で汐留ミュージアムの展覧会を観にいった時に近江のことも出てたので行かなくちゃと思ったのでした^^

投稿: 桜桃 | 2011/06/01 13:35

>桜桃さん

>ヴォーリズは母校を作った関係で

 さっそく調べてきたら、母校のほとんどの建物がヴォーリズなんですね! 素敵なキャンパスだわ~。桜桃さんは奈良で育ってこんな環境で学生時代を過ごしたから、ガサツな江戸っ子にはない品があるんですね(^^)。

 安土と近江八幡、ぜひいらしてね。さっさと回れば、両方で1日で大丈夫です。近江って行楽シーズンでも京都のような混み方はしないんじゃないかな。彦根もそんな感じでした。

投稿: Tompei | 2011/06/01 16:46

ちょうど大河ドラマの「江」の登場人物の時代なので、とても面白く旅行記を読ませていただきました。きっとこれからは、もう少し「江」を興味深く見ることが出来ると思います。ありがとうございました。

Tompeiさんのような目的と意味を持った旅行をしたことがほとんどないので、そういう旅行の仕方も面白いものだなぁ~と改めて感じました。

自分がその時に立っている知らない土地に、昔生きていた人達の出来事や人生に思いを巡らせるのは、ちょっと時空を遡る体験のようで、それも一つの旅の楽しみなのかもしれませんね。

いつもなさっている東京でのお寺巡りもそうなのかもしれませんが、地方ではさらに歴史がそのまま残っているということもあり、より深く入り込めそうです。

私も現実の美味しい食べ物ばかりを探していないで、少しは色々と興味を持って、旅をしなくちゃ~と思いました(*´v゚*)ゞ

投稿: Nawo | 2011/06/01 21:54

>Nawoさん

 おはようございます。

 旅はいろいろな楽しみ方があっていいんじゃないでしょうか。日常を離れてのんびりして、美しい景色を見て、美味しいものを食べて……っていうのが基本ですよね。私もずっとそうでした。そこに歴史という視点が加わるとまた違った面白さがあるとわかったのはつい最近のこと。お江戸オフの影響だと思います。

 それと、年齢のせいもありそう(^^;)。日本や日本人のことをもっと知りたいと思うようになりました。昔はまったく興味がなかったのに不思議なものです。とは言え、根はミーハーで新しもの好きなので、流行りものにも弱いんですけど。

 よろしかったら、お江戸オフにいらしてくださいね。あさっては地味な板橋なのでお勧めできませんが……(^^ゞ。

投稿: Tompei | 2011/06/02 08:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/51816370

この記事へのトラックバック一覧です: 近江紀行(その6)近江八幡:

« 近江紀行(その5)安土城 | トップページ | 近江紀行(その7)石山寺、三井寺 »