« 特別展「写楽」(東京国立博物館) | トップページ | 第27回お江戸オフ≪板橋宿≫(その2) »

2011/06/09

第27回お江戸オフ≪板橋宿≫(その1)

 先週末4日のオフは、昨年秋に雨で中止になった板橋宿を歩きました。甲州街道の内藤新宿、東海道の品川宿、日光街道(奥州街道)の千住宿に続く江戸四宿第4弾、中山道の第一宿です。

JR埼京線「板橋」駅13時集合→ ①近藤勇の墓 →②加賀藩下屋敷跡(加賀公園) →③東光寺 →④観明寺 →⑤板橋宿脇本陣跡→マックで休憩→⑥遍照寺 →⑦板橋宿本陣跡 →⑧文殊院 →⑨板橋 →⑩縁切榎 →都営三田線「板橋本町」 ⇒池袋「卯乃家」18時~

Img_0494 板橋宿は3つの宿場の総称で、日本橋寄りから平尾宿(現在の板橋)、仲宿、上宿(現在の本町)がありました。仲宿と上宿の境目の石神井川に、地名の由来となった板橋が架かっています。中山道は江戸と京を結ぶ山側の街道で、東海道のように川留めがなく日程を立てやすいことからよく利用されました。とくに女性は川越えの難所を避けるために中山道を通りました。

①近藤勇の墓

Img_0472_3Img_0474_2Img_0475

 新選組組長の近藤勇は板橋宿近くの刑場で斬首された後、首級は京都に送られ、体はこの地に埋葬されました(諸説あるが、ここの説明板にはそう書いてある)。左の供養塔は明治維新後、新選組隊員の永倉新八が建てたもの。土方歳三の名前も並べてあるところに、永倉の思いが表われているように思います。その永倉のお墓も同じ敷地内にあります。

Img_2474_2 近藤勇のお墓はここ以外にも、生家近くの龍源寺(三鷹市、写真右)や会津若松の天寧寺にあるほか、岡崎市の法蔵寺には首塚(伝)もあります。

Img_0493 話は前後しますが、近藤勇は流山で新政府軍に包囲されて出頭した後、⑤平尾宿脇本陣(写真左)の豊田家に20日間程監禁されていました。今はマンションになっています。


②加賀藩下屋敷跡(加賀公園)

Img_0482Img_0483




 板橋宿の北部一帯にはかつて22万坪におよぶ加賀藩の下屋敷がありました。加賀公園には屋敷の庭園の築山が残っています。加賀藩の上屋敷は本郷、中屋敷は駒込といずれも中山道沿いにありました。現在、板橋区には加賀という地名のほか、金沢橋、金沢小学校など、金沢加賀藩の名残があります。

③東光寺

Img_0484_3Img_0485

 このお寺には宇喜多秀家の供養塔(写真左)があります。豊臣秀吉の五大老の一人で、関ヶ原の戦いで敗れて八丈島に流された宇喜多秀家。秀家は84歳で死ぬまで八丈島で暮らしました。宇喜多家が許されたのは270年後の明治3年。宇喜多家の子孫は旧加賀藩前田家を頼って(秀家の正室は前田利家の四女豪姫)この地に寄居しました。供養塔はその時に子孫が建てたものです。
 宇喜多秀家をめぐる話はとても興味深い。秀家が亡くなったのはなんと4代将軍家綱の時代! 長寿は八丈島暮らしだからこそなんでしょうか。豪姫は秀家流罪の際、前田家に戻され、以後、他家に嫁ぐことなく八丈島の秀家に金品を贈り続けたそうな。キリスト教の洗礼を受けていたらしい。夫婦ともども、数奇な生涯ですね。
 右の写真は追分地蔵。江戸時代には平尾追分(現在、平尾交番がある場所)に鎮座していましたが、明治になって当寺に移されました。

④観明寺

Img_0491Img_0489_2

 加賀藩下屋敷から移築されたという赤門(写真左)があります。境内にある出世稲荷も下屋敷内にあったもの。この地は加賀藩との繋がりが深いですね。
 赤門に至る参道入口に寛文年間建立の庚申塔(写真右)が立っています。
 明治以降、成田山から不動尊を勧請し、出世不動と呼ばれて賑わいました。現在この辺りを「不動通り」と呼ぶのはこのお不動様に由来しています。

 おしゃべりしながらぼんやり歩いただけなのに、いざ記事にすると歴史散歩らしくなるのが不思議です。調べながら書くのは面倒でたまらないのにやめられない。ヘンな体質になってしまったようです。長くなったので、後半は別記事にします。

つづく


|

« 特別展「写楽」(東京国立博物館) | トップページ | 第27回お江戸オフ≪板橋宿≫(その2) »

コメント

先日はどうもお世話になりました。
その2まで一気に書きあげました~。ふ~、ゼイゼイ

街道あたりから入るところ、さすがTompeiさんです!とっても親切。宇喜多秀家の寿命もそんなに長かったとは。

>いざ記事にすると歴史散歩らしくなるのが不思議です。調べながら書くのは面倒でたまらないのにやめられない。ヘンな体質になってしまったようです

同じく!!なんかすごく高尚な歴史散歩グループのように勘違いされているかも?!
実態はマックでお茶したり宴会している方が主なのに・・・
自分でも書き終えているとものすごく頭が良くなった気分になって達成感を感じてます。

ボケ封じにいいかもと思って続く限り頑張って書こうと思っています。

投稿: ぶんぶん | 2011/06/09 17:13

TBありがとうございました。
土曜日はお天気も良かったし、リベンジができて良かったです。

いつもみなさんにくっついていくだけで不勉強ですが、それを整理しながら復習をすると、そうだったんだ!と改めて発見することも多く勉強になります。とはいえ、薄っぺらな勉強で反省点も多いです。(^^;)
でも、ぶんぶんさんも書いていらっしゃるようにボケ封じに良いと思い頑張ります。

続きの記事も楽しみにまっていますね!\(^o^)/

投稿: 陶片木 | 2011/06/09 21:32

さすが、アカデミックなサークルの趣となってますshine

プリンセストヨトミでちょうど宇喜多氏の扱いに笑ったところだったのでうんちくが嬉しい。

ライフワークとして私は横から後ろから(どうしても三の線になってしまふ私…)お支えしますので、どうかいつまでも頑張りましょう!

続きも楽しみにしてま~す。

投稿: 桜桃 | 2011/06/09 22:07

ぶんぶんさん、陶片木さん、桜桃さん、おはようございます。
その節はお世話になりました。

>ぶんぶんさん

 その2も完成おめでとう! 完敗です(^^)。

>同じく!!

 あ、やっぱり?!(^^;) 早く切り上げたいのに、ちゃんと仕上げないと気が済まない……厄介な体質だわ~。そうそう、ボケ封じと思って続けましょうね。書いたらすっかり忘れちゃうけど、記事にまとめるだけでも頭を使うものね。自己満足こそ大切なのだ!

>陶片木さん

 梅雨なので今回もボーリングかも、と思いきや、暑い1日でしたね。その分、ビールが美味しかった!(^^) 

 板橋は観光名所があるわけでなく、このオフがなければ行くこともなかったと思うけど、歩いてみると何かしら発見はありますね。

>桜桃さん

 「プリンセストヨトミ」は未読なんです。宇喜多さんも出てくるんですね。秀家は背が高くてイケメンだったらしいの(^^)。三成はちっちゃい。

 関係ないけど、ヅカの三成様は茶々との"今宵一夜"があって秀頼が生まれるんだって(^^;;;;; 

投稿: Tompei | 2011/06/10 07:42

お世話になりました。

「なんかすごく高尚な歴史散歩グループ」

あはは、私のように歴史がぜんぜん~
って人間もくっついて散歩してるのにね(^^;

そんな私も受け入れてもらえるのが嬉しいです。
今後ともよろしくお願いいたします(^^)

投稿: TOKIKO | 2011/06/10 14:07

>TOKIKOさん

 こちらこそお世話になりました。

>「なんかすごく高尚な歴史散歩グループ」

 ……のように見えてその正体は?!(^^;) オフの1日をいろいろな切り口で記録に残せるから面白いのよ。50回、100回と続けたいですね。そして年老いたら、みんなの記事をゆっくり読み返したい。

 遅ればせながら、Happy Birthday to You !

投稿: Tompei | 2011/06/11 02:00

Happy Birthday to You !
ありがと~happy01

投稿: TOKIKO | 2011/06/11 12:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/51886842

この記事へのトラックバック一覧です: 第27回お江戸オフ≪板橋宿≫(その1):

» 第27回お江戸オフ板橋界隈その1 [Fancy Pet]
先週末6月4日にお江戸オフをしてきました。 今回は以前雨だったため流れてしまったTompeiさん企画のリベンジ、板橋界隈散策となりました。 板橋は日本橋から二里半、中山道第一の宿であり、また刑場もあっ... [続きを読む]

受信: 2011/06/09 16:53

» 第27回お江戸オフ [陶片木]
江戸オフも今回で27回目となりました。 回を重ねるごとに、晴れ女パワーはアップし [続きを読む]

受信: 2011/06/09 21:33

» お江戸オフ*板橋 [GALLERY]
紫陽花が咲き始めた6月4日 第27回お江戸オフに参加してきました。 もう27回に [続きを読む]

受信: 2011/06/10 13:46

« 特別展「写楽」(東京国立博物館) | トップページ | 第27回お江戸オフ≪板橋宿≫(その2) »