« 真っ赤なモミジを求めて(その2)豪徳寺 | トップページ | 第30回お江戸オフ≪等々力渓谷・九品仏≫その3 »

2011/11/30

第30回お江戸オフ≪等々力渓谷・九品仏≫その2

こちらの続き)

20111126

①「等々力」駅改札11時集合→②満願寺→③玉川神社→④等々力渓谷→⑤等々力不動尊→⑥伝乗寺→⑦宇佐神社→⑧「D&DEPARTMENT DINING TOKYO」でランチ→⑨九品仏→⑩ベニス(ラ・ヴィータ)→⑪「自由が丘」駅

 「今回のコースは起伏が多くて距離の割にくたびれた」という感想が多々あったので、グーグルアースの地形図で検証してみました。歩いた順に番号をふってあるので、拡大して見てくださいね。

 確かにかなり凸凹しています。等々力渓谷から不動尊に一気に上がるし、お不動さんから伝乗寺へは小さい谷を2、3越えるし、ランチ場所までまた上がるし、ベニスはひときわ高い場所にあるし(知っていたら行かなかった)……足腰に来るわけです。地形図ってなかなか面白いですね。

満願寺

Img_0785 お寺らしくない近代的な本堂ですが、室町時代に世田谷城主・吉良氏によって中興されたお寺で、等々力不動はここの別院に当たります。「細井広沢先生の墓」と書かれたお墓がありましたが、調べたら、柳沢吉保の儒学の先生で堀部安兵衛とも親交があったそうです。

玉川神社

Img_0787Img_0788

 やはり吉良氏が勧請したと伝えられ、当初の名は熊野社でしたが、明治末に付近の神社を合祀して玉川神社と改称されました。立派な拝殿(写真左)の脇に、「獅子が子を千尋の谷に突き落とす」という故事にちなんだ石獅子(右)があります。

等々力渓谷

Img_0792

 矢沢川が武蔵野台地を侵食してできた全長約1キロの渓谷です。環八の喧騒の下にこんな緑豊かな別世界があるのがたまりません。斜面からの湧水が多いため、シダ類などが生育し、独特の雰囲気があります。

 紅葉狩りのスタートは一面緑の世界でした。渓谷には色づく木々が少なく、紅葉するのは不動尊の辺りだけのようです。

等々力不動尊

Img_2996Img_0798

 満願寺の別院で正式名称「流轟山明王院」。平安末期に紀州根来寺の興教大師が夢のお告げにしたがって開山したと伝えられています。不動の滝は役の行者ゆかりの霊場とされ、そばに不動明王堂(写真左)が建っています。滝の横を上がった所に不動尊の本堂がありますが、不動尊の山門(右)から一歩出ると車の往来激しい目黒通りなのが不思議な感覚でした。

 不動尊から渓谷を見下ろしたあたりにモミジが多く、あと1週間から10日もすると紅葉を楽しめそうです。この日はまだ1分程度の色づきでした。

Img_0801

続く

|

« 真っ赤なモミジを求めて(その2)豪徳寺 | トップページ | 第30回お江戸オフ≪等々力渓谷・九品仏≫その3 »

コメント

こんな地形だったんだ!coldsweats02
山あり谷ありコースだとは思ってましたが、盆地みたいな感じですね。
今回も、わかりやすい解説をありがとうございます。

投稿: ゆれい | 2011/11/30 16:44

>ゆれいさん

 さっそくのコメントありがとうございます!

 ホント、盆地のヘリを回った感じね。今度から歩くコースの地形を確認しようっと。次回の赤坂も微妙にアップダウンがあるんだわ。

投稿: Tompei | 2011/11/30 20:08

ほんと、凸凹ですね~。
でも、街は碁盤の目のようにきちんと区画されているんですね~。

紅葉の時期も難しいですね。
こういう渓谷の方がかえって遅いのでしょうか?
鎌倉も日当たりの悪いところの方が寒暖の差が出ないからか?遅いようです。

投稿: ぶんぶん | 2011/11/30 20:14

すごいですねぇ~coldsweats01これ、本当に歩いたんですか?電車には乗らなかったの?
私は、とてもじゃないけど参加させていただけないことが分かりましたsad

いつかゆっくりお食事だけ・・・という時にお仲間に入れてください。

この辺りは、アップダウンのとても多い地形なんですよ。私の家は茶色い場所でしたが、自由が丘は昔は呑川が氾濫してよく水が溢れていました。
上から見ると面白いですねぇ~

投稿: Nawo | 2011/11/30 20:37

ぶんぶんさん、Nawoさん、こんにちは。
今日は寒いですねぇ。風邪をひかないように気をつけましょう。

>ぶんぶんさん

 碁盤の目のような道ですけど、しょっぱなからちょっと迷いまして、地元の品のよいおじ様が道を教えてくれました(^^;)。

 葉がきれいに色づくには、朝晩、気温がぐっと下がって、昼間は日光をたくさん浴びる必要があるようです。東京近辺ではなかなか難しいですよね。

>Nawoさん

 等々力不動からまた同じ道を戻るのもナンだし、1駅や2駅歩いちゃえと思いました。立派なお屋敷が立ち並ぶ道を歩くのは非日常のことゆえ、楽しかったですよ(^^)。

 自由が丘にお住まいだったのかしら。あの辺は美味しいレストランやケーキ屋さんがたくさんありますよね。機会があったら、ランチでもぜひ!

投稿: Tompei | 2011/12/01 10:29

googleアースの地形図!先端技術使って江戸の紹介。さすがです。
NHKのブラタモリでも地形図は川の名残の確認とかのためによく出てきてます。
訪れた場所も登録して、お江戸オフmapが今に公開になるのでしょうか?

投稿: | 2011/12/06 12:59

>惑さん

 こんばんは。そちらはだいぶ寒そうですけど、お変わりありませんか?

 いい地形図がないかと探したら、グーグルアースにあったのでありがたく使わせていただきました。タモリは自称、坂道学会副会長ですよね(^^)。地形がわかるとより一層面白いです。

>訪れた場所も登録して、お江戸オフmapが今に公開になるのでしょうか?

 鋭いっ! が、遅々として進みません(^^;)。お江戸オフ30回+番外オフで訪ねた場所はかなりの数になりますからね。いつかお披露目できるといいのですが…。

投稿: Tompei | 2011/12/06 20:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/53356053

この記事へのトラックバック一覧です: 第30回お江戸オフ≪等々力渓谷・九品仏≫その2:

« 真っ赤なモミジを求めて(その2)豪徳寺 | トップページ | 第30回お江戸オフ≪等々力渓谷・九品仏≫その3 »