« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012/02/21

旧白洲邸「武相荘」

Img_1111Img_1115

 先週末、町田にある旧白洲邸に行ってきました。たまたま今、白洲正子の『私の百人一首』を読んでいるので、暇な週末のお出かけに思いついた次第。

 武相荘は白洲次郎・正子ご夫妻が昭和18年から亡くなるまで(次郎さん1985年、正子さん98年ご逝去)住んでいた旧邸。武蔵と相模の境にあることと「無愛想」を掛けて命名されました。

 実は数年前、白洲次郎を主人公にしたお芝居が宝塚で上演されまして、以来気になっていたんですよ。これまた、きっかけはヅカ(笑)。宝塚の主役になるってことはそれだけカッコいいということですね。長身でハンサムな外見もさることながら、一本筋が通ったジェントルマンだったようです。第二次大戦後、吉田茂の要請でGHQとの交渉に尽力した話をメインにしたお芝居でした。

Img_1112 ご夫婦とも留学経験を持つモダンなお二人が古い農家を改築したこの邸に半世紀も住んでいたとは意外な気がしました。次郎さんがかつて乗った車と同型のクラシックカーが置いてありましたが、このアンバランスさが白洲ご夫妻の魅力ですね。母屋の内部は撮影禁止でしたが、お二人が愛用されたものが展示されていて興味深く見学しました。とくに、本の重みで歪んだままになっている書斎の本棚が印象的で、しばし見入ってしまいました。

 離れのギャラリーの展示品のうち、お二人が結婚前に交換した写真と、次郎さんの遺言状が忘れ難い。次郎さんの写真には端正な筆記体で「 Masa You are the fountain of my inspiration and the climax of my ideals. Jon 」と書いてありました。遺言状は和紙に墨書きで「葬式無用 戒名不用」とだけ記されていました。

Img

 武相荘を出て、正子さんも散歩をしたという薬師池公園に寄ってみました。薬師池を中心に、ハス田、椿園、梅林、菖蒲田、藤棚など、四季折々の花が楽しめる憩いの場のようです。が、梅林はまだつぼみさえ膨らんでいませんでした。薬師堂は明治の再建ですが、室町時代末から福王寺薬師堂としてあったそうです。

Img_1121Img_1118


| | コメント (9) | トラックバック (0)

2012/02/15

名古屋遠征

Img_1106_2Img_1110

 先週末、名古屋に行ってきました。ひさびさのミーハー遠征――中日劇場で宝塚を昼夜2回観劇して日帰りという強行軍でした。

Chunichi 演目はこちら、『仮面のロマネスク』! 15年ぶりの再演です。初演は先々代ごひいきの退団公演、今回は退団を控えた現ごひいきの公演という巡り合わせ。東京には来ないので、遠征しないわけにまいりません。

 思い入れ深いあの主題歌を歌い、忘れられないあの台詞を話すのが大空祐飛というだけで私は大興奮。それでいて、知らず知らず初演の高嶺ふぶきの残像を追い求めているので、忙しいったらありゃしない。しかし、この二人、男役としてまったく違うタイプで、ヴァルモン様(主役の名前)も別人のような仕上がりなのに、どうして私は魅かれたんだろう? 

 ショーは博多座トップお披露目の『Apasionado!!II』の再演。これがまた盛り上がるんです。しかも今回は2列どセンターという鼻血席だったので、それはもうシビレました~。ミーハー心を300%充電できたので、しばらくは余韻で生きていかれます。

 次はとうとう、さよなら公演……いい作品に恵まれますように。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2012/02/06

特別展「平清盛」(江戸東京博物館)

Img 江戸博で昨日まで開催されていた「平清盛」展を一昨日滑り込みで観てきました。国宝の平家納経がどうしても見たかったんです。閉幕前で混雑が予想されるので、多少なりとも人が少なめな夕方を狙っていきましたが、やはり人に揉まれながらの見学となりました。 




Img_0001a こちらがお目当ての平家納経。平清盛の願文の巻頭で「仁安元年十一月十八日内大臣平朝臣清盛」と書いてあります。平家納経は、平家一門がその繁栄を願って一人一巻ずつ書写し、厳島神社に奉納した全33巻の経典。平安後期に流行した装飾経の技法の粋をつくした華麗なものです。経典を納める経箱も龍などの装飾を施した豪華絢爛な一品でしばし見惚れました。本物が放つ迫力に圧倒されます。

 でも、清盛はこの願文を書いた15年後には熱病で急死し、その4年後には平家は滅亡してしまうんですよね。それを思うと、納経一式の華麗さが空しい。諸行無常そのものです。幼い安徳天皇を抱いて壇ノ浦に入水した時子を演じる深田恭子の音声ガイドを聞きながら、平家の短い政権をめぐる品々を鑑賞しました。

 それにつけても大河ドラマ。王家(と呼ぶのが正しいのか?)の方々、怪しすぎませんか?(笑) 忠盛、清盛親子ははまっていて好演していますが、白河、鳥羽の怪演のインパクトにかすんでいる感。王家の女たちもそれぞれにすごい。ホームドラマ化していた前作「江」とは違って、視聴者におもねっていないのがよくもあり、わかりにくくもあり、ってところでしょうか。私もそのうち振り落とされるかも……。

Img_1101a

Img_1099 時間調整もかねて、江戸博に行く前に亀戸天神に寄りました。この日は梅まつりの初日でしたが、梅はまだ固いつぼみのまま。これは境内中探し歩いてようやく見つけた紅梅です。今年の観梅の見頃はまだ当分先のようですね。

 この日、同じく江戸博と亀戸天神をまわったロバートさん、桜桃さんご夫妻にトラックバックを送らせていただきます。江戸博だけでなく亀戸天神もニアミスとはびっくり! ちゃんこ鍋をご一緒したかったわ。

| | コメント (9) | トラックバック (3)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »