« 長州紀行(その3)萩城址 | トップページ | 「毛利家の至宝」(サントリー美術館) »

2012/05/12

「KORIN展」(根津美術館)

Img_0005

 根津美術館でかきつばたが咲きそろいました。尾形光琳のかきつばたの金屏風二つ、根津美術館の国宝「燕子花図屏風」(下の写真、上)とニューヨーク・メトロポリタン美術館の「八橋図屏風」(同、下)が100年ぶりに揃い踏み。それを祝うかのように、庭園のかきつばたが満開を迎えています。

 二つの金屏風は光琳が同じテーマを、同じ六曲一双屏風に、10数年の時をおいて描いた作品。40代半ばに描いた「燕子花図」は花を群青色で厚塗りしてあり迫力を感じ、50代半ばに描いた「八橋図」は色がやや薄いうえ花弁の脈まで表現されていて、前者に比べると繊細な印象です。並べて展示してあるのを見たら、ぞくぞくするような感動を覚えました。この展覧会は昨年震災で中止になり、ちょうど1年後に実現したもの。今年は無事開催できて本当によかった!

Img_0006

 事前チェックをしないで出かけたので、思いがけず本物のかきつばたも見られて興奮しました。庭園はみずみずしい新緑が目映く、都心とは思えない風情。紅葉もぜひ見に来よう。

 根津美術館を出た後、もう一つのお目当て、サントリー美術館を目指してミッドタウンまで歩きました。

Img_1841

Img_1843

|

« 長州紀行(その3)萩城址 | トップページ | 「毛利家の至宝」(サントリー美術館) »

コメント

花期を狙っての開催だったのでしょうが、どんぴしゃできれいに咲いてるのはさすがの籤運ですね!happy01

観たいけど会期が短いのですね~(私の場合はGWを日数に数えませんよ!)

はしごされたのですね?後編は何を開催してたのでしょうか??

投稿: ゆれい | 2012/05/12 13:44

>ゆれいさん

 昨日は雷雨の心配がなさそうだから出かけたんだけど、かきつばたがこんなにきれいに咲いているとわかっていたら、みんなに声をかけて一緒に見たかったです。館内も庭園もかなり混んでいたけどね。カフェでのんびりお茶してみたい!

 この後は「毛利家」です(^^)。タイミングがよいので行ってみました。こっちにも付き合ってもらうのはどうか、とも思ったんですよ。

 いつになく速攻のレスでした;;;

投稿: Tompei | 2012/05/12 14:03

おお、私がおこもりしている間にみんなアクティブだわ~

行きたいけど、う~む。こちらで楽しませていただきます☆

投稿: 桜桃 | 2012/05/13 00:15

>桜桃さん

 演奏会お疲れさまでした。

 2年前に光琳の燕子花図を一緒に見ましたよね。もう少し遅かったので、お庭のかきつばたは終わっていたっけ。今度は秋に紅葉狩りに行きましょう!

投稿: Tompei | 2012/05/13 01:20

昨日はお返事ありがとうございました。突然のコメントであったのに、嬉しかったです。
こちらの展覧会、私もつい最近行きました。それでまた驚いて…(笑)
お庭の本物の杜若もとても美しかったですよね。

美術展、お好きでいらっしゃるんですね。

投稿: まるい | 2012/05/17 08:16

>まるいさん

 こちらにもコメントありがとうございます。

 まるいさんも根津美術館にいらしたとは奇遇です。しかもほぼ同時期ですね。金屏風のかきつばただけでなく本物のかきつばたも見られて、お互いにラッキーでしたね。

投稿: Tompei | 2012/05/17 10:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/54686361

この記事へのトラックバック一覧です: 「KORIN展」(根津美術館):

« 長州紀行(その3)萩城址 | トップページ | 「毛利家の至宝」(サントリー美術館) »