« 長州紀行(その1) | トップページ | 長州紀行(その3)萩城址 »

2012/05/09

長州紀行(その2)秋芳洞・秋吉台

 羽田からひとっ飛び、山口宇部空港でレンタカーを借りて、最初の目的地、秋芳洞に向かいました。曇っているけれど、空は明るく、幸先いいスタート。

 GWの谷間の平日のせいか、道路はスイスイ流れ、秋芳洞付近は閑散としていました。お土産屋さんが並ぶ"参道"のはずれにチケット売り場があり、新緑の林を抜けて秋芳洞の入口に出ます。洞内から流れ出る水が滝となって轟々と音をあげ、冷気と共に流れ落ちてきます。

 わくわくしながら中に入ると、そこは想像を絶する広大で神秘的な異空間。ところどころライトアップされ、最小限、足元を照らしてあるほかはほの暗く、濡れた石の道をこわごわ進みました。絶えず水が流れる音がし、たまに天井から水滴がぽつんと落ちてきて、探検心が刺激されます。気分はすっかりインディ・ジョーンズ。

Img_1427_4Img_1447_2

Img_1439_2

Img_1449_2

Img_1452_2Img_1453_2

 青天井、百枚皿、黄金柱、岩窟王、五月雨御殿などと命名されたユニークな形態の鍾乳石や石筍、石柱にいちいち目を見張りました。昔、教科書で見たけれど、やはり本物を目にしないと大自然の驚異は実感できません。3cmの石柱ができるのに400年かかり、秋芳洞は数10万年かけてできたとのこと。ここは3億年前、海のサンゴ礁だったのです。3億年……見当がつきません。それに比べれば、人間の一生なんてほんの一瞬。石柱が数ミリ高くなるだけです。

 正直言うと、「萩に行く途中だから寄ってみるか」くらいの消極的な乗りでしたが、パスしないでよかった! 富士山の風穴くらいかと見くびっていて失礼しました。

 秋芳洞を出た後、秋吉台へ。同じ「あきよし」だけど、鍾乳洞は秋芳洞、カルスト台地は秋吉台。見わたすかぎり灰色の石灰岩と新緑で覆われたなだらかな台地が広がっています。夏みかんソフトを食べながら、山口までやってきたんだなぁと感じ入りました。休憩後、カルストロードを通り抜けて萩に向かいました。

Img_1467


|

« 長州紀行(その1) | トップページ | 長州紀行(その3)萩城址 »

コメント

こんな素晴らしい眺めが、独占状態だったのですね?
記事を読ませていただいて、更にググってきました。
すごいな山口…
史跡だけでなく見どころがいっぱいあるんですねえ~

投稿: ゆれい | 2012/05/09 17:30

私も鍾乳洞が大好きなんです。結構行っていますよ。

秋芳洞もだいぶ昔ですが行ったことがあります。
やっぱり日本の三大鍾乳洞なだけあって、スケールが大きいですよね。

岩泉の龍泉洞も凄い地底湖がありますから、機会があったらぜひ行ってみて!
ゾクっ!としますよ。

連休なのにそんなに空いているなんて、最近はこういう観光地は人気が無いのかな~
面白いのにね~

投稿: Nawo | 2012/05/09 19:37

ゆれいさん、Nawoさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます!

>ゆれいさん

 なんかね、うらびれた昭和の観光地といった風情だったの(^^;)。こんなすごいものがあるのにもったいない。

 山口県だけ旅行する人ってあんまりいない気がする。地味な印象だものね。

>Nawoさん

 龍泉洞の画像を見てきました。地底湖のブルーがなんともいえず素敵! いつか実物を見てみたいです。

 鍾乳洞よりテーマパークみたいなものが受けるのかしら? 中途半端な観光施設よりよっぽど面白いと思うけれど。

投稿: Tompei | 2012/05/09 22:22

GWの谷間に山口に行ってらっしゃたんですね~。

私も2年前に家族旅行で秋吉台や秋芳洞に行った時は感動しました。
鍾乳洞のお写真もよく撮れていますね
私は沢山撮ったのに全然よく撮れなかったのでした^^;

次の記事も楽しみにしています。

投稿: ぶんぶん | 2012/05/10 10:57

>ぶんぶんさん

 ぶんぶんさんの旅行記、この前あらためて読ませてもらいましたよ。津和野、岩国、宮島もまわっていて、やっぱりツアーは充実してると思いました。青空がきれいなのもうらやましい!

 ね、秋吉台、秋芳洞って、想像以上によかったですよね。ちょっと不便な場所だけど、もっと多くの人に見てもらいたいわ。

投稿: Tompei | 2012/05/10 11:49

入口の新緑も綺麗ですね~~☆
高校の修学旅行で行きました。懐かしいです。
鍾乳洞をぬけて秋吉台に出た時、モグラが地上に出たような気分になり、
とても感動したのを覚えてます。

投稿: pega | 2012/05/10 22:00

>pegaさん

 おはようございます。

 駐車場に戻らなくてはならないので、秋吉台に出ないでまた元の入口に戻ってきたんです。だからモグラ体験をしてないの、残念。戻るにしても、いったん顔を出してみるべきだったわ(^^)

 修学旅行だと広島からまわったのかしら。原爆ドーム、厳島神社、秋芳洞って修学旅行にぴったりですね。

投稿: Tompei | 2012/05/11 07:00

高校の修学旅行、どこをどう巡ったかうろ覚えですすが、たぶん広島からだったと思います。
原爆ドーム、倉敷、小豆島、萩・津和野あたりに行ってきました。
厳島神社はいつか行ってみたいです。

公立だったのですが、旅の半分程度は自分たちで自由に行先を決めるシステムでした(宿は皆同じ)。
今思うと、もっといろいろ廻れたのに~~、もっと美味しいもの食べれたのに~~と思います。

ちなみに、2つ上の学年の行先は北海道、1つ上は九州、
私たちは山陰・
1つ下は京都・奈良でした。
そして今は・・・どうなってるのだろう?

投稿: pega | 2012/05/12 12:50

>pegaさん

 ご丁寧なコメントありがとうございます!

 小豆島から萩・津和野までとはかなり欲張りなコースですね(^^)。私たちは南九州。修学旅行というより新婚旅行にふさわしいような場所だけど、事前のアンケートで決まりました。遠いところがよかったわけね。そのおかげで行きがフェリー、帰りが寝台車とやたらに時間がかかりました。

 ま、修学旅行はどこへ行って何を見たということより、友達とわいわい盛り上がったことのほうが思い出に残るものよね。

投稿: Tompei | 2012/05/12 13:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/54663019

この記事へのトラックバック一覧です: 長州紀行(その2)秋芳洞・秋吉台:

« 長州紀行(その1) | トップページ | 長州紀行(その3)萩城址 »