« 第34回お江戸オフ≪佃島・霊岸島・日本橋≫(その3)中央大橋 | トップページ | 大空祐飛ラストデー 2012.07.01 »

2012/06/29

第34回お江戸オフ≪佃島・霊岸島・日本橋≫(その4)霊岸島から兜町

 中央区新川地区はかつて霊岸島(霊巌島とも)と呼ばれていました。この地に霊巌寺があったことに由来する地名ですが、霊巌寺は明暦の大火後、深川に移転し、跡地は町地として埋立拡張されました。現在の地名「新川」は昭和20年代までこの地に流れていた新川に由来。

<徳船稲荷>

Img_1992 霊岸島と鉄砲洲(中央区湊)を隔てる亀島川の南高橋のたもとにある小さな社。かつて霊岸島にあった越前松平家の下屋敷に祀られていたお稲荷さんです。






<鉄砲洲稲荷>

Img_1994Img_1996

 江戸時代は鉄砲洲の北端にあたる江戸湊の入口にありましたが、明治になって現在地に移転しました。富士山の溶岩で築いた富士塚もその時に移転。本殿は昭和初期の建築で戦災の被害を免れています。

0781_2 江戸百の「鉄砲洲稲荷橋湊神社」。江戸湊の船から帆柱越しに見た鉄砲洲稲荷(赤い塀)。絵の中の川は埋め立てられて現存しません。

 この辺りはお稲荷さんが多いですね。次もまたお稲荷さん。まさに、「江戸名物、伊勢屋、稲荷に犬の糞」です。





<於岩稲荷田宮神社>

Img_1997 『東海道四谷怪談』の主人公、お岩を祀るため、明治初期に芝居小屋に近いこの土地に創建された――そうです。

 於岩稲荷田宮神社は四谷にもありました。そして、同じく於岩稲荷を掲げているお寺・陽運寺とややこしい関係にあり、その謎について記事を書きましたっけ。wikipediaには、その四谷の田宮神社が明治の初めに火災で焼失して、ここに移ったと書いてありますが、こちらの案内板はそれには触れていません。移った後、また四谷でも再興したとか。うーむ、真実はいかに? 於岩稲荷は謎に包まれていますが、深く追究しないことにします。

 こじんまりした神社ですが、境内の手入れが行き届いていて、あじさいが涼しげに咲いていました。

<新川大神宮>

Img_2001 新川地区の産土神で、かつて新川沿いに多かった酒問屋の信仰が篤かった、と説明書きがありました。第二次大戦で焼失して、昭和27年に再建されたそうです。



<その他霊岸島界隈>

Img_1999Img_2000

霊巌島の碑、越前堀の石垣石

Img_2003 江戸初期の豪商、河村瑞賢の屋敷跡。瑞賢は明暦の大火の際、材木を買い占めて莫大な利益を得て、その財力で航路を開拓し、開運の発展に尽力しました。




 霊岸橋を渡って、茅場町から兜町に入ります。この日の終点、日本橋までもう一息。ビールの乾杯を目指し、気合いを入れ直して歩きました。

<日枝神社>

Img_2006 山王日枝神社の摂社で、かつては山王祭の御旅所でした。





<鎧の渡し跡>

0461Img_2007


 江戸百の「鎧の渡し小網町」。 鎧の渡しは日本橋川の小網町と茅場町の間の船渡しでした。源義家が奥州平定の途中、ここで鎧を投じ龍神に祈りを奉げて暴風を鎮めたとも、平将門が甲冑を納めたとも、伝えられています。

<兜神社>

Img_2008_2Img_2009


 源義家が前九年の役の際、兜をかけて戦勝を祈願したという伝説を持つ「兜岩」(写真右)に因んで、明治初期の証券取引所開設にあたって創建されました。が、その一方で、平将門の兜を埋めて塚にしたところを兜山といい、それを祀ったという説もあります。鎧の渡しと同じく、源義家と平将門の両方の伝説があるのが面白い。この両名に関しては伝説がたくさんあるので真実を求めてはヤボというもの。とにかく、これが兜町の名の由来であることは確かです。


 ふぅ、駆け足で何とか終わらせました。この後、日本橋を渡って、コレド室町で宴会となったわけです。美味しいスペイン料理の写真の数々は他のメンバーのブログでご覧ください。お江戸オフ記録帳の更新はそのうちやりますので、もうしばらくお待ちの程。


|

« 第34回お江戸オフ≪佃島・霊岸島・日本橋≫(その3)中央大橋 | トップページ | 大空祐飛ラストデー 2012.07.01 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/55071075

この記事へのトラックバック一覧です: 第34回お江戸オフ≪佃島・霊岸島・日本橋≫(その4)霊岸島から兜町:

» 第三十四回お江戸オフ ~佃島・霊岸島から日本橋へ~ その3 [あん・ぷろん・ぷちゅ]
その2の続きです。 霊岸島からまた橋を渡って鉄砲州へ。橋のたもとには、守り神が。 [続きを読む]

受信: 2012/07/27 16:54

« 第34回お江戸オフ≪佃島・霊岸島・日本橋≫(その3)中央大橋 | トップページ | 大空祐飛ラストデー 2012.07.01 »