« 第36回お江戸オフ≪レインボーブリッジと屋形船≫その1 | トップページ | 広島旅行(その1) »

2012/10/02

第36回お江戸オフ≪レインボーブリッジと屋形船≫その2

 屋形船に乗る前に、レインボーブリッジを歩いて渡ることにしました。何回となく車で首都高を渡っているけれど、歩くのは初めて。こんな機会でもなければ、レインボーブリッジを歩くことはなさそうです。

JR「浜松町」北口改札14:00集合→芝離宮庭園→レインボーブリッジ→台場公園→海浜公園→りんかい線「東京テレポート」→(天王洲アイル)→モノレール「大井競馬場前」→立会川「大山丸」

Img_2249Img_2250

 まず、浜松町駅近くの芝離宮に寄りました。この庭園は17世紀後半に江戸幕府の老中・大久保忠朝の上屋敷内に作られた庭園を起源としており、何度か所有者が変わった後、幕末には紀州徳川家の別邸「芝御屋敷」になりました。明治に入って有栖川宮家の所有を経て、宮内省が買上げて芝離宮となり、その後、大正末期に東京市に下賜されました。こじんまりとした回遊式泉水庭園です。

 という歴史はどうでもよくなるほど、暑くて日差しが強くて、とても庭園をのんびり散策する気分ではありませんでした。台風を心配していたのに、ピーカンの青空――晴れ女軍団の威力、恐るべし。そんななか、そこここで彼岸花のつぼみが膨らみ始め、秋の訪れを控えめに告げていました。

Img_2256_2Img_2258

 そして、いよいよレインボーブリッジ。橋のたもとにある「芝浦アンカレイジ」(吊り橋を固定させる橋台)の7階までエレベーターで上がって、遊歩道を歩き始めました。レインボーブリッジはご存じのとおり、2階建てになっていて、上部は首都高、下部は中央をゆりかもめが走り、それを挟んで国道が上下2車線ずつあり、その外側が遊歩道になっています。だから、ノースルート(都心側)とサウスルート(東京湾側)があります。

Img_2266_2

 私たちが歩いたのはノースルート。遊歩道と言っても、ほとんどは金網に覆われていて、国道をびゅんびゅん飛ばす車の横を歩くことになります。橋桁の部分だけ、そのまわりを迂回して展望スポットになっています。徒歩の人だけがゆっくり楽しめる絶景をどうぞ!

Img_2265

 橋の中央付近で両ルートを行き来できる構造になっていますが、現在は使用不可(当初、遊歩道が有料だった頃、使っていたらしい)。お台場が近づき、歩道が下降し始めるあたりでルートを変えることができ、サウスルートでお台場に下りました。

 下の写真は、サウスルートから台場公園越しにフジテレビ方面を撮ったもの。この台場公園こそお台場の地名の由来となった品川台場です。品川台場とは、幕末のペリー来航に際して、幕府が命じて建設させた海上砲台のこと。品川沖に全部で11基造る計画のうち、完成に至ったのは5基のみで、2基が未完成、残る4基は未着手。これは第三台場で、もう1つレインボーブリッジの南側に第六台場(次の写真)が残っています。

Img_2267

Img_2274

 遊歩道の全長1.7キロを含めて、のべ4キロ程歩いて、そろそろお茶タイムにしたかったけれど、「お江戸オフなんだから、お台場を見なくては!」と桜桃さんにお尻をたたかれて、台場公園まで足を延ばしました。行ってよかった! 行かなければ、お台場が凹型になっていて、中央の低い部分に陣屋があったこと(写真左:陣屋跡)も知らずに終わるところでした。敵船から見えないところに陣屋や爆薬庫があったんですね。

 右の写真は砲台跡。ここに砲台を据えて黒船を追い払おうとした幕府の焦りが痛々しい。とは言え、2度目の来航時に品川沖までやって来たペリーはこれを見て横浜まで引き下がったそうな。多少は効果があったようです。幕命で突貫工事に携わった人々の技術と熱意に拍手! わずか8カ月で高輪の八つ山や御殿山を切り崩して埋め立てたのはたいしたものです。そんな台場公園は現在、穴場のデートスポットになっているらしい。11人でがやがやお邪魔して失礼しました。

Img_2271Img_2272

 この後、りんかい線とモノレールを乗り継いで、勝島運河の船宿に向かい、屋形船に乗り込んだわけです。歩いたばかりのレインボーブリッジやお台場を今度は船上から眺めました。

 ちなみに、この日乗船した大山丸を3年前に写真に撮っていました!(こちらの記事の⑥の写真) このときからご縁があったのかもしれません。大山丸さん、ありがとうございました。

|

« 第36回お江戸オフ≪レインボーブリッジと屋形船≫その1 | トップページ | 広島旅行(その1) »

コメント

ほんとだ!コスモスの中に大山丸が~coldsweats02

レインボウブリッジからの眺めが、まるでニューヨークの様でびっくりでした。
どこでも歩いてみるものね…

投稿: ゆれい | 2012/10/02 15:17

>ゆれいさん

 ね、あのときから大山丸に乗る運命だったのよ。あ、でも、確か、柳橋の船宿の写真も撮ったことあったはず……そのうち、そちらのご縁もあるかも。

 ニューヨークのよう? いつかニューヨークに行って、「レインボーブリッジからの眺めのよう」と言ってみたい(^^)

投稿: Tompei | 2012/10/02 18:59

レインボーブリッジの遊歩道は昔有料だったんですね?知らなかった~。

台場公園は本当に見ておいてよかったです。


>とは言え、2度目の来航時に品川沖までやって来たペリーはこれを見て横浜まで引き下がったそうな。

少しは効果があったんですね、よかった、よかった^^;

大山丸さんとは昔からご縁があったとわかって、さらに嬉しい気分になりました。

投稿: ぶんぶん | 2012/10/02 20:28

>ぶんぶんさん

 おはようございます。

 遊歩道は最初の7年位、有料だったそうです。大人300円、子供100円。歩くだけなのに高い。

 一説によると、ペリーの再来航時、お台場の工事は完全に仕上がっていたわけじゃないけど、正面は何とか砲台らしくなっていたので、ペリー一行はちょっとビビったようです。実際に戦ったら、あっという間に負けそうだけどね。

投稿: Tompei | 2012/10/03 06:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/55789448

この記事へのトラックバック一覧です: 第36回お江戸オフ≪レインボーブリッジと屋形船≫その2:

» 第三十六回お江戸オフ ~レインボーブリッジ・屋形船~ その1 [あん・ぷろん・ぷちゅ]
2012年9月29日(土)、恒例のお江戸オフ、満を持してとうとう船に乗りました! [続きを読む]

受信: 2012/11/02 13:32

« 第36回お江戸オフ≪レインボーブリッジと屋形船≫その1 | トップページ | 広島旅行(その1) »