« 六義園、小石川植物園の紅葉 | トップページ | 関東36不動巡拝満願 »

2012/11/27

百種接分菊

 昨日の荒天から一転、今日は青空が広がる好天です。最近の天候はめりはりがありすぎますね――急な冷え込み、どしゃぶりの雨、晴れ渡る青空。そのせいか、紅葉は例年になくきれいに色づいているようで、近所の街路樹や庭木にも目を奪われます。

 三連休の中日に"わが家の庭"「神代植物公園」に行ったら、百種接分菊が展示されていました。歌川国芳の浮世絵でおなじみのこの菊の実物を見たのは初めて。1本の台木に多数の菊を接ぎ木して同時に咲かせるという江戸伝統の技を再現した菊にしばし見とれました。添え木の陰になって見えにくいけれど、確かに1本の木であることを確認しましたよ。

Img_2771_2

Img_2794_2

 菊の展示「神代花車」も見事。秋バラもちらほら残っていたし、十月桜は咲いていたし、雨上がりの紅葉は一段ときれいだし、晩秋の植物公園は冬を迎える前の輝きに満ちていました。桜や紅葉の季節にはつい遠出をしたくなりますが、ここに来ると「わざわざ遠くに行かなくても十分きれい」と地元を見直します。

Img_2772

Img_2773Img_2774

Img_2775Img_2785

 深大寺境内のモミジも見頃で大勢の人で賑わっていました。

Img_2782

|

« 六義園、小石川植物園の紅葉 | トップページ | 関東36不動巡拝満願 »

コメント

あ~こんなお庭が欲しい!
神代花車って3枚目のお写真ですか?菊ではないような、遊び心があって華やかで、良いですね~

百種接分菊に関しては…見事だとは思いますが…なんか不自然

投稿: ゆれい | 2012/11/27 10:20

>ゆれいさん

 さっそくのコメントありがとうございます。

 このお庭がもう少し近ければ、年間パスポートを買うんだけど、5回分というのが微妙(^^;)。花車は3番目。この写真だとわかりにくいけれど、かなり大規模なものです。

 百種接分菊は江戸の植木職人のどや顔が目に浮かびますね。見るより作るほうが楽しそう。苦労した分、一斉に咲いたときの喜びが大きいでしょうね。

投稿: Tompei | 2012/11/27 11:00

これはまた素晴らしいですね☆
近い&安い なら何度でも足を運びたいところです^^
是非近くで見てみたいものです♪

投稿: みるきい | 2012/11/27 13:26

>みるきいさん

 この百種菊は美しさを愛でるというより、珍しさを楽しむって感じですね。いわば見世物かな。

 ここは入園料500円。安くはないけど、それだけ楽しめることは確かです。とくに春と秋のバラは一見の価値あり。深大寺にお参りして、おそばを食べて、半日は楽しめますよ。ぜひいらしてくださいな(^^)。

投稿: Tompei | 2012/11/27 16:57

百種菊、私も見たことがないです。すごいですね~。
江戸時代からまだ続いているってことが嬉しい!

確かにこんな四季に富んだ植物園が近くにあったら、わざわざ出かけなくてもって気になりますね。
でも、やっぱり他の庭園も見たくなるんですよね~^^

投稿: ぶんぶん | 2012/11/28 15:03

>ぶんぶんさん

 百種菊は浮世絵でしか見たことがなかったので、思いがけず実物を目にして興奮しました。浮世絵を見て、「こんな菊を栽培できるのか」疑問に思っていたんです。

 桜も紅葉も地元で楽しめるのはありがたいけれど、やっぱりお出かけしたくなっちゃいます(^^ゞ。紅葉の季節が終わらないと落ち着かない;;;

投稿: Tompei | 2012/11/28 17:59

秋がいっぱいだぁ~

>百種接分菊
すごい!実在するのですね。

気づけば、京都の紅葉を数時間楽しんだだけだった。

もう少し近ければどしどし行きたい場所です。こちらで楽しませて頂きました^^

投稿: 桜桃 | 2012/11/29 08:49

>桜桃さん

 あいかわらずお忙しそうですね。でも、京都の紅葉を楽しみ、ガラコンを再び観られて、最高の秋じゃありませんか!(^^) 

 百種菊、すごいでしょ。これを見られたことが一番の収穫。実はこの後、夫の実家に行ったんです(^^;)。ここはちょうど中間地点なのよ;;;

投稿: Tompei | 2012/11/29 14:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 百種接分菊:

« 六義園、小石川植物園の紅葉 | トップページ | 関東36不動巡拝満願 »