« 信濃紀行(その6)松代象山地下壕 | トップページ | 信濃紀行(その8)上田 »

2013/05/31

信濃紀行(その7)別所温泉・塩田平

その6の続き)

 旅行2日目の宿泊地は別所温泉。松代から1時間ほど走って、夕方、旅館にチェックインしました。今回のお宿はリーズナブルな旅館なので、まぁ、それなりでしたが、温泉につかって、お部屋でお食事ができて、のんびり休めました。温泉はゆで卵のような匂いがする硫黄泉。1日だけお肌がつるつるになりました。

 別所温泉は信州最古の温泉で、一説には『枕草子』であげられている三名泉の「七久里の湯」が別所温泉を指すとも言われています。鎌倉時代には安楽寺や北向観音が創建。神社仏閣が点在する別所・塩田平界隈はやがて「信州の鎌倉」と呼ばれるようになります。左下の写真は、安楽寺から別所温泉を望む。

Img_3543Img_3530_3

 吉川英治の『新平家物語』には、木曽義仲が愛妾の葵御前を連れて「大湯」(右上の写真)を訪れる場面があり、池波正太郎の『真田太平記』には、真田幸村が「石湯」に入湯する場面があるなど、さまざまな小説の舞台になっています。ちなみに私、遅ればせながら『真田太平記』を読書中。

 旅行3日目の午前中は別所温泉と塩田平のお寺を巡りました。きりっと晴れわたった空とひんやりした空気が気持ちのよい日でした。

Map1_2Map2

<北向観音>

Img_352020130502




 寺伝によれば、平安初期の創建で、鎌倉時代に塩田北条氏によって再建されました。現在の本堂は享保6年(1721)の建築。南面の善光寺で未来往生、北向観音で現生利益を祈願しなければ「片参り」になるといわれています(善光寺と飯田の元善光寺という説もあり)。

Img_3522_2Img_3523

 本堂、愛染堂(左上)、不動堂(右上)など、古色蒼然とした建物がひっそり建ち、歴史を感じるお寺でした。「愛染かつら」と呼ばれるカツラの巨木があり(左下)、縁結びの霊木とされています。昭和の映画『愛染かつら』のロケ地にもなったらしい。花も嵐も踏み越えて……♪ 手水舎の水があたたかい温泉でした!(右下)

Img_3525_2Img_3528


<安楽寺>

Img_354020130502_2




 伝承では天平年間、行基の建立ともいわれますが、歴史的に裏付けられるのは鎌倉時代、宋に留学した禅僧・樵谷惟仙が開山してから。鎌倉時代は北条氏の庇護によって栄え、多くの学僧を育てていました。国宝の八角三重塔は鎌倉末期の建立で、唯一現存する鎌倉時代の建物です。

Img_3535

 八角三重塔は日本に一つしかない木像の八角塔で、長野県で最初に国宝に指定されました。塔高18.75mとさほど高くはありませんが、どっしりとして風格のある塔でしばし見惚れました。

Img_3533aImg_3541


<常楽寺>

Img_354520130502_3




 常楽寺は北向観音の本坊で、平安時代、三楽寺の一つとして建立されました(三楽寺とは安楽寺、常楽寺、長楽寺。長楽寺は焼失)。本堂裏に弘長二年(1262)の刻銘がある石造多宝塔(左下)があり、重要文化財に指定されています。周辺には石塔多し(右下)。

Img_3548Img_3550


<別所神社>

Img_3552Img_3551

 古くは「熊野社」といい、紀州の熊野本宮大社から分祀されたと伝えられています。明治11年に別所神社に改められました。

 別所温泉の寺社をめぐった後、車で10分程走って塩田平へ。塩田平にはかつて、塩田北条氏3代の居城「塩田城」がありました。周辺には神社仏閣が点在し、今もなおその面影を残しています。

<中禅寺>

Img_355420130502




 記録の消失により、創建は不明。現在の本堂は享保19年に建立されました。鎌倉初期の建立と推定される薬師堂(左下)は重要文化財。右下は、薬師堂前の仁王門で、金剛力士像は平安末期のものです。

Img_3555Img_3556


<龍光院>

Img_3559_220130502_2




 塩田北条氏2代国時が父の初代善政の菩提を弔うために建立しました。塩田北条氏は鎌倉末期に3代50余年この地で栄えました。

<前山寺>

Img_356520130502_3




 空海が開創したと伝えられ、鎌倉末期に讃岐国善通寺の長秀上人が現在地に開山したといわれています。室町初期の建立と推定される三重塔は重文指定。「未完成の完成塔」といわれ、二、三重には窓や扉、廻廊、勾欄がありません。高さは19.5m。

Img_3564_3

 しだれ桜が咲き終わり、つつじが咲き始め、けやきの巨木が芽吹き、美しい季節です。週間予報を見て雨も覚悟していたけれど、晴れてよかった! 雨や曇り空では印象がまったく違ったはずです。

Img_3568Img_3567Img_3569_2


その8に続く)


|

« 信濃紀行(その6)松代象山地下壕 | トップページ | 信濃紀行(その8)上田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/57488170

この記事へのトラックバック一覧です: 信濃紀行(その7)別所温泉・塩田平:

« 信濃紀行(その6)松代象山地下壕 | トップページ | 信濃紀行(その8)上田 »