« 第42回お江戸オフ≪皇居外苑≫その1 | トップページ | 猛暑お見舞い申し上げます »

2013/07/31

第42回お江戸オフ≪皇居外苑≫その2

こちらの続き)

⑤桜田門

Img_3713Img_3716

 桜田門から皇居の外に出ます。左の写真が内側の渡り櫓門、右がお濠に面した高麗門。二つ合わせて枡形門といいます(何度も書いている気がするけど、すぐ忘れる)。

 桜田門といえば、警視庁の通称。警視庁は昭和初期に桜田門前の現在地に移転されました。もう一つ、桜田門といえば、桜田門外の変。これについては井伊邸の項へ。

⑥柳の井戸跡

Img_3718Img_3719

 桜田門を出て、桜田濠を半蔵門に向かって600m程歩いたところに「柳の井戸」の立て看板があります。ちょうどその下あたりに柳の木が立っていますが、いつ植えられたものでしょうか。井戸の形跡はまったく見えません。

⑦桜の井戸(井伊邸跡)

Img_3720Img_3722

 そして、こちらが「桜の井戸」。元はお濠寄りにありましたが、道路工事の際、原形のまま現在地に移設復元されました。江戸初期には加藤清正邸、幕末には彦根藩井伊邸があった場所。桜の井戸は加藤清正が掘ったと伝えられています(明治神宮の清正井も――清正って、井戸掘りの名人?)。

 「桜の井戸」「柳の井戸」は江戸の名水として知られ、広重の『名所江戸百景』の『外神田弁慶堀糀町』にも描かれています。手前の赤丸が桜の井戸、奥の赤丸の辻番所の裏に柳の井戸。

Edo100sakuradamaru_3

 桜の井戸の後方に見える赤門の立派なお屋敷が井伊邸。桜田門から目と鼻の先です。安政7年(1860)3月3日、上巳の節句の登城日の朝、このわずかな距離を行く井伊家の隊列が襲われ、井伊直弼は暗殺されました。桜田門外の変です。桜田門の橋の手前が襲撃現場(古地図の赤マーク)。右下は現・桜の井戸から桜田門方面を眺めた写真。

Edomap111marksImg_3721_2

 2010年公開の映画『桜田門外の変』(観たけど、あまり印象に残っていない)で使われたオープンセットが今年の春まで一般公開されていました。その公式サイトからセットの写真を拝借してきました。だいぶ縮小されてはいますが、雰囲気はわかりますね。桜の井戸もちゃんとありますよ。

HikoneSf03

 このあたりの内堀通りはたまに車で通りますが、井伊邸周辺を歩いたのは初めてでした。井伊直弼の故郷・彦根や、お墓のある豪徳寺は訪ねたのに、事件現場に立ってないことが気になっていたので、今回行かれてよかったです。一本の線に繋がりました。

⑧法務省(上杉邸跡)

Img_3725_2Img_3724

 重要文化財指定の法務省旧本館です。明治28年(1895)完成。関東大震災ではほとんど被害がありませんでしたが、東京大空襲でれんが壁を残して焼失しました。戦後、改修工事が行なわれ、さらに平成6年(1994)外観が創建時の姿に復元されました。

 江戸時代は米沢藩上杉邸があった場所。写真の右奥に警視庁が見えます。

⑨日比谷公園

 明治維新後、旧武家地の大名屋敷が壊されて更地となり、練兵場として使われた後、明治36年に日比谷公園が開園しました。寺社の境内を利用した公園(上野、芝など)ではなく、一から新しい公園を造成した第一号。地盤が弱く大規模な建物の建設に向かなかったことが公園化の一因らしい。

Img_3727_2Edomap111hibiyamark

 右上の地図を見るとわかるように、江戸時代には内濠と外濠をつなぐ鍵型の濠がありましたが、明治になって埋立てられました(外濠は戦後、埋立て)。その濠の名残りが日比谷交差点近くの心字池です(左上)。池の向こう側の石垣は旧日比谷門の遺構。このあたりだけ、江戸時代をしのぶことができます。

Img_3729 大噴水の向こうに帝国ホテル(右側)と宝塚劇場(左側の塔があるビル)が見えます。下の浮世絵、『江戸百』の『山下町日比谷外さくら田』は、帝国ホテルと宝塚の間の道を進み、JRと首都高のガードをくぐったあたりから日比谷公園方面を描いた絵です(右上の古地図の星印)。

Edo100yamashita_4 お濠の向こうに見える赤門のお屋敷は肥前佐賀・鍋島藩の上屋敷。これが現在の日比谷公園です。左側の松に隠れてうっすら見えるお屋敷あたりが帝国ホテル。日生劇場、宝塚劇場、シアタークリエなどはかつてのお濠の上に建っているわけです。






⑩エビスバー

Img_3732 これを美味しく飲むために歩きました。1万歩は軽く超えたらしい。暑い中、少し欲張りすぎでしたね。皆様、お疲れ様でした。




 ぼんやり歩いていたのに、嫌々PCに向かったのに、いざ書き始めたら盛り沢山になりました。江戸城のパワーでしょうか。

|

« 第42回お江戸オフ≪皇居外苑≫その1 | トップページ | 猛暑お見舞い申し上げます »

コメント

桜田門外の変の映画は観ました。
でも、大河の「篤姫」の後で、キャストがかぶり、あれれ?と混乱しつつ観た記憶がありました。(^_^;)

劇場もホテルもお濠の上に建っていたんですね。
日比谷公園が地盤が悪いというもも初めて知りました。
日比谷という地名は明治以降の物なのでしょうか?
知らない東京を学ばせていただき、老化の一途の脳みそを活性化できて嬉しいです!

投稿: 陶片木 | 2013/07/31 18:39

至れり尽くせりの記事、さすがです!
広重の絵にも江戸の名水が描かれていたのを実際見るとなんだか嬉しくなっちゃう!

映画は観ていないのですが、忠実に再現していたんですね~。今度TVで放送する時にはしっかり色々なことを確認したいです。

ところで、TBが届かないみたいです~。
また時間を置いて送ってみますね。

投稿: ぶんぶん | 2013/07/31 21:10

なんかレポートみたいhappy01
残念ながら、歴史的知識の乏しさから、わかるとこしかわからないんですが…
頑張って自然体でついて行きます!(笑)

投稿: ゆれい | 2013/07/31 22:20

おお、感動の内容ですね~
やはり皇居周辺のパワーに後押しされたに違いない^^

次回はどこにしましょうか?楽しみです♪

ところで、TB届きません。ココログがダメみたいです。気長に送り続けますね。

投稿: 桜桃 | 2013/07/31 23:22

陶片木さん、ぶんぶんさん、ゆれいさん、桜桃さん、こんにちは。
こちらにもコメントをいただき、ありがとうございます。

>陶片木さん

 江戸時代以前、このあたりは日比谷入江という入江が入りこんでいたそうですよ。つまり、海だったわけ。だから地盤が弱いんです。徳川家康が幕府を開く前に埋立てて、江戸の町を造成しました。

 どうでもいいことなんだけど、東京の街の移り変わりを知るのは好きなのよcoldsweats01

>ぶんぶんさん

 何度もTBを送っているのに、いまだにダメみたい。ニフティのシステムが悪いんだと思います。

 浮世絵に描かれたものが残っているのは嬉しいですよね。たかが看板を求めて暑いお濠端を歩いたのはそういうわけだったんです。

>ゆれいさん

 レポートなら「優」がもらえるかも? 成績のためではない、何の得にもならないお勉強は楽しいです。趣味ね。

>桜桃さん

 日比谷のパワーかも? あのビルの写真を載せたいがために頑張ったのかもしれないわ~sweat01

 次回は、ボツになった小石川にしますか。10月になれば、さすがに多少は涼しくなっているはず。

投稿: Tompei | 2013/08/01 10:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/57891995

この記事へのトラックバック一覧です: 第42回お江戸オフ≪皇居外苑≫その2:

« 第42回お江戸オフ≪皇居外苑≫その1 | トップページ | 猛暑お見舞い申し上げます »