« 調布市花火大会2013 | トップページ | 歌舞伎座 九月花形歌舞伎『陰陽師』 »

2013/08/25

迎賓館参観記

Img_3797

 昨年11月に迎賓館の前庭を見学しましたが、今回ついに建物の内部に入ることができました。「平成25年迎賓館赤坂離宮参観」に応募し、当選したのです。ネット応募にて期間中の数日分エントリーしたら、初日の22日分が当たりました。

 天皇陛下や総理大臣が国賓を迎える場所ですから、セキュリティーチェックは厳重です。応募時に住所氏名、生年月日を明記して申し込み(1~2名)、当選後は一切変更できません。当日は、メールの参観証を印刷したものと公的な身分証明書を持参。入館者リストと照合した後、空港と同じセキュリティゲートを通ってようやく入館が許されます。

 西門から入ってセキュリティーチェックを済ませた後、正面に向かって右の通用口から入館しました。彩鸞の間、花鳥の間、中央玄関・大ホール、朝日の間、羽衣の間の順に見学後、主庭(建物の奥にある庭園)を散策できます。残念ながら、内部の写真は禁止されているのでリーフレットの写真を貼っておきましょう。

Sairan
 ≪彩鸞の間≫ 条約や協定の調印式を行なったり、晩餐会の招待客が国・公賓に謁見したり、国・公賓とのテレビインタビューに使用される。

Kacho
 ≪花鳥の間≫ 公式晩餐会が行なわれる大食堂。

Asahi
 ≪朝日の間≫ 国・公賓用のサロンとして使われ、表敬訪問や首脳会談が行なわれる。国賓が天皇皇后両陛下がにお別れの挨拶をする際に使用される、最も格式の高い部屋。

Hagoromo
 ≪羽衣の間≫ 雨天時の歓迎式典のほか、レセプションや会議場として使用される。かつては舞踏室だったため、中二階のオーケストラボックスがある。

 とにかく豪華絢爛。まるで西欧の宮殿のよう(行ったことないけど)。贅を尽くし、技を凝らした装飾や調度品の数々には目を瞠りました。この迎賓館は明治末期に東宮御所として建設された建物。建築家・片山東熊が一切の妥協を排し総力を結集して、欧米列強に負けない宮殿を目指したそうで、当時の日本人の意気込みを痛いほど感じます。昭和49年から迎賓館として使用する前に5年間の改修工事を行なったとはいえ、基本的に明治の建物であることが素晴らしい。フランス、イタリア、ノルウェーなどから輸入された大理石の柱も、フランスに発注して作らせたシャンデリア(バカラ製が多いらしい)も、天井画もレリーフも当時からのもので、すでに100年以上経過しています。

 廊下にさりげなく置かれた陶器やランプも最高級品。ドアノブや窓の取っ手にも繊細な装飾が施されて、ぴかぴかに磨きあげられています。何もかもが本物で手抜きなし。「どうだ、すごいだろ?!」という雰囲気が漂っていました(笑)。たぶん、どこの国の迎賓施設も同じでしょうね。

 この建物はすべて洋風施設で、ここで行なわれる行事や接遇も洋式ですが、隣りの敷地には和風の意匠と日本風の接遇で海外の賓客を迎える和風別館「游心亭」があります。外からはまったく見えません。

Img_3789

 上の写真は、主庭にある大噴水越しに建物を撮ったもの。こちら側は宿泊施設になっているようです。1階にある随行員用の部屋が窓から覗けるようになっていました。高級ホテルのスイートルームのようでしたよ。主賓の部屋はさぞかしゴージャスなんでしょうね。噴水がまた素晴しく、重厚感があって心落ち着ける場所でした。

Img_3784 Img_3793

 左上:通用口から入館する参観者。
 右上:立派な盆栽が展示されていました。

 薄曇りで気温もさほど高くない(この夏としては)1日でしたが、花崗岩が敷き詰められた庭は照り返しがきつく、汗が噴き出ました。それでも、参観できて大満足! 参観の応募要項を教えてくださったゆれいさんに感謝しています。

|

« 調布市花火大会2013 | トップページ | 歌舞伎座 九月花形歌舞伎『陰陽師』 »

コメント

わあ~~きらびやかですね。
そんな厳重チェックが必要でも、
お写真撮っても良いんですね。
私たちが見たのは、北側からで、
この噴水は南にあるものなのね。
暑さを考えただけで行く気が失せちゃったけど、
見学できてほんとうによかったですね。

投稿: hicha | 2013/08/25 14:03

ご当選おめでとうございました。

暑さを押しても行った甲斐がありましたね~
ヴェルサイユ宮殿みたい~^^

私も行って見たいけど・・。最近いろんなチケット取りに出遅れてます^^;
なんでもエネルギー必要よね。

投稿: 桜桃 | 2013/08/25 22:46

外だけは写真撮って大丈夫なんですね。
29日の気温はまた最高33℃を予報しています。
何時に行けばいいのやらcoldsweats02
チケット取りはしつこくネットチェックした甲斐がありました。でも、よほどのことがなければ当選しそうですよねhappy01
楽しみです!

投稿: ゆれい | 2013/08/25 23:32

hichaさん、桜桃さん、ゆれいさん、おはようございます。
今日は日差しがまぶしい、爽やかな朝ですね。

>hichaさん

 いえ、内部は一切撮影禁止なので、内部の写真はリーフレットをスキャンしたものです。残しておきたかったのでね。

 噴水があるのは建物の向こう側。そっか、南に当たるのね。宿泊施設は南向きになっているわけですね。

 hichaさんも来年いかがですか?

>桜桃さん

 平日なら高確率で当選しそうよ。来年、応募してみてね。時間が決められてないので行きやすいです。

 怖れ多くもヴェルサイユ宮殿をモデルとしたようです。ヴェルサイユを見てきた方の感想をお聞きしたいわ。

 秋にはバウもありますね(^^)

>ゆれいさん

 私は空いてそうな12時半過ぎに行ったんだけど、暑さは最高潮でした(^^;)。たぶん、朝一番以外はそんなに混まないような気がしますよ。

 しつこいネットチェックありがとうございました! チケット取りは粘り強さが必要よね。ご一緒したかったわ。

 感想を楽しみにしています。

投稿: Tompei | 2013/08/26 08:16

迎賓館ですか。いいですねぇ。まぁ見事ですねぇ。次は掃除ボランティアで皇居の庭に入るというのはどうですか?皇居勤労奉仕団って団体で申し込まないとダメなので難しいですかね。

投稿: | 2013/08/28 21:12

>惑さん

 皇居勤労奉仕、調べてきました。15~60人の団体で4日間、掃除や草むしりをするそうです。4日間通うのは結構たいへんですね(^^;)。それにしても、一般の人が申し込めるとは知りませんでした。

 一般参観は申し込めるようなので、そのうちオフで行ってみようかしら。皇居は子供の頃、一般参賀で行ったきりです。

 貴重な情報、ありがとうございました!

投稿: Tompei | 2013/08/29 12:01

先日、書いたつもりで書いていなかったことに今気づきました。(v_v)
遅ればせながら今日行ってきました!

そして実は私、ベルサイユ宮殿を30年前に観てきました。
そうです、
オスカルに会いに!ヽ(^0^)ノ

 ̄  ̄)ノ ばしっ☆

雰囲気は似ていると思いますが、そこかしこに日本らしさがあって、ヨーロッパだけど絶対に違う雰囲気がありました。
でも、それはそれで真似だけでなく自己主張もあり誇れると思いました。

それにしてもこんなところで寝て、朝起きる気分ってどうなのでしょうね?
あと盆栽。
これを引き継ぐ子孫はものすごいプレッシャーですよね。
でもどれもすばらしい盆栽でしたよね。

TB送りました。
私もこんなチャンスがなければ、ゆれいからおしえてもらわなければ行くことはなかった迎賓館に入れて良かったです。

投稿: 陶片木 | 2013/08/29 18:52

>陶片木さん

 ご一緒したかったわ! でも、見られてよかったですよね。

 オスカルさまに会いに、ベルサイユにもいらしたのね。さすがです。日本は欧米のものを取り入れて、そこに日本風のアレンジを加えるのが得意ですね。七宝焼や織物も素敵でした。盆栽も――どの位の年月と手間がかかっているのか、いくらの価値があるのか(^^;)、知りたい。

 TBありがとうございます。こちらからも送りますね。

投稿: Tompei | 2013/08/30 07:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/58042019

この記事へのトラックバック一覧です: 迎賓館参観記:

» 迎賓館~赤坂離宮~ [陶片木]
空も風も秋の足音が聞こえてきた思ったら、今日はまた夏が舞い戻ってきたような暑さで [続きを読む]

受信: 2013/08/29 18:45

« 調布市花火大会2013 | トップページ | 歌舞伎座 九月花形歌舞伎『陰陽師』 »