« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013/11/29

鎌倉紅葉オフ

 昨日、鎌倉に紅葉狩りに行ってきました。今年初めの鎌倉オフが楽しかったので、またぶんぶんさんに企画をお願いした次第。見頃の紅葉を愛で、美味しいものを食べ、よく歩いてよくしゃべって、大人の遠足を満喫しました。日差しが少なくて写真がイマイチなのが残念。

JR鎌倉駅11時集合→六地蔵→ランチ「Cafe Life Force」→鎌倉大仏殿高徳院→光則寺→長谷寺→お茶「Salon de The Kamakura Grand-mere」→「力餅家」→由比ヶ浜→鎌倉駅解散
(全行程徒歩)


Img_4227Img_4228

 六地蔵(左上)の場所にはかつて刑場があったそうです。その近くのマクロビオティックレストランでさっそくランチ。トマト風味の野菜カレーが美味しかった!

<鎌倉大仏>

Img_4230

 ご存じ、長谷の大仏様。たぶん人生3度目のご対面です。40年以上前、小学校の遠足で初めてやって来た私も随分大人になりました。でも、楽しさは同じ!

 ウンチクなしにしようと思ったけれど、やっぱり気になる(笑)。大仏造立については史料が乏しく、不明な点が多いそうな。1252年から造り始められたというのが定説。当初は大仏殿の中に安置されていましたが、室町時代に地震と津波で倒壊して以来、露坐になったらしい。関東大震災の際、台座から離れて50cm近く前面に移動したそうです。想像するだに怖ろしい。

Img_4233_2Img_4234


<光則寺>

Img_4238Img_4241

 長谷寺の隣りにある日蓮宗のお寺。こじんまりしていますが、さまざまな花木が植えられていて四季折々楽しめそうです。

 右の写真は、日蓮の流罪の際、弟子の日朗が幽閉された土牢。もとは宿屋光則邸の裏山にありましたが、監視役の光則は後に日蓮に帰依するようになり、自邸を寄進し日朗を開山として光則寺を建立しました。

<長谷寺>

Img_4242Img_4249

 長谷観音(十一面観音像)を本尊としたお寺。奈良の長谷寺の十一面観音像と同じ楠から造られたと伝えられています。

 紅葉はちょうど見頃でしょうか。12月8日までライトアップを実施中。この週末は混みそうですね。

Img_4257

Img_4251

Img_4259Img_4277

 江ノ電・長谷駅を抜けて少し歩いたところにある力餅家で、ぶんぶんさんお勧めの力餅を買いました。保存料なしゆえ当日限定なので、夕食後2人で完食。力餅というだけあって、お餅がしっかりしていて食べ応えがありました。1日で終わってしまって淋しい。

<由比ヶ浜>

Img_4265

 風が強く、海は荒れ模様。砂浜には風紋ができていました。夕暮れ時の海はやっぱりいいですね。沈みゆく夕日に後ろ髪を引かれながら、鎌倉の海を後にしました。

Img_4276


| | コメント (9) | トラックバック (1)

2013/11/27

おかげさまで100万アクセス

 本日、このブログのアクセスカウンターが100万アクセスに達しました。

Ct1
 (100万ジャストはのがした)

 管理ページのアクセス解析によると、
  累計アクセス数: 1088089  
  1日当たりの平均: 309.29
となっていますが、こちらのカウンターが7桁になった今日を100万アクセス記念日にしましょう。

 今日現在の数字は下記のとおり。
  記事数     1,227件
  コメント     6,662件
  トラックバック   794件

 2004年4月1日にスタートしたこのブログ、9年8ヵ月程で100万のアクセスをいただいて(そのうち1~2割は自分だけど)、ただただ感謝するばかりです。本当にありがとうございます。

 何事も飽きっぽい私がここまで続けられたのは、いつも読んでくださる皆様がいればこそ。このブログを始めて何がよかったって、ブログを通じて友人ができたことです。一人で黙々と記事をアップするだけなら、せいぜい1~2年しか続かなかったでしょう。さまざまな出会いに改めて感謝しています。

 最近は更新回数が減る一方で、不本意ながらお出かけ日記(しかも写真多用)と化しています。なのに、アクセス数が日々200~300あるのは過去記事のおかげ。何年経っても読んでいただけるような記事をまた書きたいものです。と言いつつ、来年4月に10周年を迎えたら引退しようか、と思ったり……。

 ま、先のことはわかりません。とにかくまだしばらくは続けますので、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/11/24

世界遺産 富士山

Img_4221

 昨日、富士山麓の富士の杜ゴルフクラブでラウンドしてきました。富士山がもう綺麗で綺麗で、プレー中、何度も見惚れてしまいました。写真を撮りたくてたまらなかったけれど、気を遣う方とご一緒だったのでひたすら我慢。ただでさえ下手っぴで足を引っ張りまくりなのでね。上の写真はクラブハウスから撮った写真です。

 世界に誇る富士山、世界遺産の登録は当然ですよね。富士山が見えるとテンションが上がります。たとえ、小さなシルエットでも。こんなに近づいたのはひさしぶりなのでやたらに興奮しました。行きの車内から撮りまくった写真のうち、まともなものを貼っておきます。

Img_4207

Img_4212

Img_4218


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013/11/21

殿ヶ谷戸庭園の紅葉2013

Img_4193

 このところ、東京は連日、秋晴れが続き、色づく木々が青空に映えてとてもきれい。桜と紅葉の季節はどうしてこう心が落ち着かなくなるんでしょうね。あちこちから紅葉便りが届いてますます刺激され、今日はとうとう国分寺の殿ヶ谷戸庭園まで行ってきました。

 紅葉の進み具合は一昨年訪ねたときと同じ位でしたが、色は今年のほうがきれいな気がします。まだ青い葉も紅や黄色に色づいた葉も日差しをたっぷり受けてきらきら輝いていました。やっぱり日本の秋はいいですね。ああ、京都に行きたい! 京都は無理だけど、来週は鎌倉に行く予定があり楽しみです。

Img_4190

Img_4194

Img_4186

<追記>

 次郎弁天池のまわり(最初の写真)の紅葉は一昨年とあまり変わりませんが、大芝生付近はだいぶ違うことがわかりました。左が2011年11月27日、右が今日2013年11月21日。今年は紅葉が早く進んでいるようですね。

Img_0820Img_4204


| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013/11/11

ハワイ旅行2013 (8) オアフ島ワイキキ

 ハワイ旅行記の最終回は、ワイキキの写真を貼って締めくくります。

Img_4158

 今回はワイキキ滞在もシェラトンでしたが、ワイキキビーチとダイヤモンドヘッドを一望できる部屋でアロハ気分を満喫できました。「パーシャルオーシャンビュー指定」だからあまり期待していなかったのに、この眺望には大感激! 眺めがよいと気分が盛り上がります。今まで「部屋指定なし」ばかりで、眺望はそれなりのことが多かったんです。

20131020_0336

 上の写真は、日の出直前のダイヤモンドヘッド。真珠湾ツアーが6時40分ピックアップだったため、思いがけず朝焼けを見ることができました。

Img_4083_2

 4年ぶりに見たワイキキの夕日はやっぱり美しかった! ありがとう……またいつかきっと……。

Img_4163

 ハワイから戻って3週間。ハワイで過ごした日々はもう遥かかなたの夢の中の出来事のようです。旅行記も書き終わって、ほっとしたような、淋しいような。自己満足な旅行記に長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。

Img_3905_2
 (ホノルルからマウイ島に向かう飛行機から)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2013/11/07

ハワイ旅行2013 (7) オアフ島パールハーバー(その2)

こちらの続き)

 戦艦ミズーリから航空博物館まで車で移動しました。基地内のため、移動中は一切撮影禁止。この日は『Hawaii Five-O』(たぶん)のロケを行なっていたようです。

≪太平洋航空博物館≫

 真珠湾攻撃を免れた格納庫に第二次大戦当時の航空機が展示されています。初っ端に登場するのが、日本の零戦 Mitsubishi A6M2 "ZERO" 。この機体は真珠湾攻撃時のものではなく、ソロモン諸島で日本軍に置き去りにされたもの。本物です!

Img_4126

 この次に、真珠湾攻撃時にニイハウ島(ハワイの島の一つ)に不時着した零戦の残骸も展示されていました。65年間野ざらしになっていたそうです。


≪アリゾナ記念館≫

 パールハーバーのメインスポット。日本の奇襲攻撃によって沈没した戦艦アリゾナの真上に、1962年に建設されました。今も艦内には1000名以上の乗組員が眠っています。

 アリゾナに関する展示を見学し、20分程のドキュメンタリー映画を見た後、連絡ボートで記念館に渡りました。

Img_4133

Img_4136

 全長185mの船体(左下はアリゾナの模型)の真ん中あたりを跨ぐように記念館が浮かんでいます。右は案内図。

Img_413020131020_0367_2

 今も艦内で眠る乗組員を含めて、アリゾナの全犠牲者1177人の名前が記されています。生き残った乗組員も希望すれば、死後、記名されるそうです。

20131020_0366_2

 下の写真、海面に見えるのは後部第3主砲塔。海中をのぞくとうっすら船体が見えました。現在もなお重油が流れ出しています。

20131020_0376

 やはり、日本人にとっては重苦しく居心地がよくない場所でした。にらまれるわけでも後ろ指をさされるわけでもないけれど、自然に「すみませんすみません」と思ってしまう。でも、行ってよかった。アリゾナ記念館も例の政府閉鎖で前々日まで閉まっていたそうで、行かれてよかったと思います。

 私たちのツアーは若いカップル2組を含めて10人程度でしたが、ほかの日本人とはほとんど会いませんでした。中国人や韓国人の団体はかなり来ているのに。私自身、ずっと真珠湾を避けていたわけだし、日本人観光客が訪ねようとしないのはわかるんですが、それでいて何だか残念な気がしました。日本人だらけのワイキキを思うと、とても複雑な気持ちです。そのうち、日本がハワイを攻撃したなんて、「信じられなーい」「まじっすか」と言う若い世代が出てきそう。もういるかも。

Img_4153 最後に、パークの一角にひっそり展示されていた人間魚雷・回天の写真を貼っておきます。英語は「suicide bomb」。写真を撮るのも胸が痛かったけれど、自分の命を捧げて日本を守ろうとした若者たちがいたことを心に留めておくために記録します。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013/11/02

ハワイ旅行2013 (6) オアフ島パールハーバー(その1)

 30年以上前から何度もハワイに行っているのに、パールハーバーを訪ねたのは初めて。「日本人はいい気持ちがしない」と聞いて、ずっと避けてきました。今回訪ねる気になったのは、たまたま少し前に『永遠の0』を読んだから。太平洋戦争が始まった場所を見ておきたいと思ったのです。

 「公認ガイドがご案内! 真珠湾徹底解剖ツアー」というツアーを見つけ、参加することにしました。個人でも行かれますが、説明を聞きながら見学したほうがよさそうに思いました。これが正解。パールハーバーを知り尽くしたガイドさんが真珠湾攻撃の背景から実戦まで説明してくださったうえ、時間のロスなくポイントを見学できて有意義なツアーでした。

Img_4095

 この写真はビジターセンターの側からパールハーバー越しにフォード島を眺めたもの。拡大すると、戦艦ミズーリとアリゾナ記念館が見えます。まず、アリゾナ記念館に行く連絡ボートのチケット(10:30の回でした)を入手してから、橋を渡ってフォード島の基地内に入り、戦艦ミズーリと太平洋航空博物館を見学しました。ツアーの車は基地内に入れるのがメリット。再び、ビジターセンター側に戻って、ドキュメンタリー映画を観た後、ボートでアリゾナ記念館に渡ります。


≪戦艦ミズーリ≫

Img_4097

戦艦ミズーリの主な歴史
 1944年 就役
  第二次大戦中 太平洋を中心に活動(硫黄島、沖縄など)
 1945年 東京湾にて日本の降伏文書調印式
 (オーバーホール)
 1950年 朝鮮戦争に出動
 1955年 退役
 (30年間、ワシントン州ブレートマン海軍基地に係留され、
  観光名所になる)
 1986年 改修され最新鋭兵器を備えて再就役
 1990年 湾岸戦争に出動
 1991年 再度の退役
 1999年 パールハーバーで記念館として一般公開

 実は「戦艦ミズーリって何?」という無知な状態で乗り込みましたが、歴史を知るととても興味深い。湾岸戦争にも出動していたとは! トマホークの発射台もありました。トマホーク……よくわかっていませんが。

Img_4105_2
 (主砲)


 以下、歴史順にまとめてみました。

Img_4119Img_4120

 1945年4月の沖縄海戦で日本の特攻機ゼロ戦が衝突した跡が右舷艦尾に残っています(左の写真のくぼんだ箇所)。キャラハン艦長はこの飛行士の遺体を回収して海軍式の水葬で弔ったとのこと。そのエピソードが写真と共に紹介されています。

Img_4111Img_4113

 主砲の写真の左側に白いテント張りのデッキが見えますが、そこで1945年9月2日、日本の降伏文書調印式(いわゆるポツダム宣言受諾)が行われました。左の写真はフロアに埋め込まれた記念碑。調印式が行われたことと、東京湾に係留したポイントの緯度経度まで記してあります。そのポイントは幕末にぺりーが黒船を係留した場所なんですと。90年越しの勝利ということらしい。右の写真は降伏文書のレプリカ。

Img_4116Img_4115

 湾岸戦争の司令室。「PERSIAN GULF」の文字などが生々しく残っています。左の写真、手前の青い椅子が司令官の椅子。戦闘時には右の写真のように照明が青くなるそうです。青い光の中でモニターと向き合ってミサイルを発射させていたんですね。非現実の空間です。


続く

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »