« 江の島詣で | トップページ | 神代植物公園の梅 »

2014/01/27

第45回お江戸オフ≪西新井≫

 2014年最初のお江戸オフは西新井大師に初詣をした後、竹ノ塚まで歩き、浅草まで電車で移動。おでん「大多福」にて新年会の後、浅草寺に寄りました。

 「お花見の頃の陽気」という天気予報だったので、薄めの冬支度で出かけたら、気温はさほど上がらず曇りがちの肌寒い1日でした。ちょうど"おでん日和"? でも、夜も寒さに震えることなく、浅草そぞろ歩きができました。

東武線「大師前」駅13:30集合→西新井大師参拝(14時のお護摩参列)→(お茶「かふぇすぅる」)→国土安穏寺(徳川家ゆかりの寺)→赤羽家長屋門→島根鷲神社→炎天寺(小林一茶ゆかりの寺)→竹ノ塚⇒東武線・つくばエクスプレス⇒浅草→おでん「大多福」18時~ →浅草寺→浅草駅

<西新井大師>

Img_4518Img_4507

 正式名称、五智山遍照院總持寺。平安初期(826年)、空海(弘法大師)が本尊の十一面観音を彫って草創したと伝えられています。

 「大師」とつくお寺はいくつもありますが、弘法大師を祀る寺(西新井大師、川崎大師など)と元三大師を祀る寺(佐野厄除け大師、川越大師(喜多院)など)があるからややこしい。ちなみに、地元の深大寺にも元三大師を祀る元三大師堂があってお護摩を行なっています。

 こちらの本堂は床(畳)暖房つき。お護摩の前後、のべ1時間程座っていましたが、ぬくぬくして楽でした。それもまたお大師様のあたたかいお心遣いとのこと。「お大師様もご本尊の観音様もいつも皆さんのそばにいらっしゃいます」というお話でした。

Img_4508Img_4517 左の写真は、三匝(さんそう)堂。通称、栄螺(さざえ、さざい)堂。堂内は螺旋階段のような構造になっています(見てみたい!)。都内に現存するのはこれのみ。右は、塩地蔵。いぼ取りのご利益あり。

 境内の梅や寒桜がほころび始めていました。春はすぐそこ。

Img_4513Img_4516

Photo_3
「江戸名勝図会 西新井」(広重)

毎月二十一日には弘法大師の開帳ありて、さんけい群集す。境内の閼伽の井は加持水にして諸病に応験ありとぞ。この水を竹筒に入て持ち信ずるもの多し。




<国土安穏寺>

Img_4526Img_4524

 室町時代、日蓮ゆかりの日通聖人が開いたと伝えられる古刹。江戸時代には二代将軍・徳川秀忠、三代家光がこの地を訪れたときの御膳所となり、徳川家の位牌安置所でもありました。そのため、葵の紋の使用を許され、仁王門や屋根瓦などに葵紋が見られます。また、本堂の横に「家光お手植えの松」が立っています。境内はきれいに手入れされ、静かなよいお寺でした。ご住職さんが近くの猿仏塚のことを教えてくだいましたが、時間がなく立ち寄れず残念。

Img_4525 鐘楼のそばに「嶋根歌舞伎発祥公演之地」碑が建っていました。嶋根(島根)とはこの辺りの地名。芝居小屋で行なわれる歌舞伎「大芝居」に対して、各地の寺社の境内で素人が演じる「宮地芝居」があり、この寺でも江戸時代から第二次大戦後まで行なわれていました。

Img_4519Img_4520 旧日光街道から国土安穏寺に向かう道の両脇に立つ道標。江戸時代はお寺まで松並木が続いていたようです。



<赤羽家長屋門>

Img_4527 旧島根村の名主を務めていた牛込氏の屋敷跡。幕末の建築と推定されます。昭和14年から赤羽家が屋敷とともに買い受け、管理しています。




<島根鷲神社>

Img_4530 「島根のおとりさま」として親しまれる島根地区の鎮守。由緒書きによると、この辺りは大昔、入江の景勝地で、この神社は大鷲尊とか浮島明神と呼ばれていたそうな。島根の地名もここから来ているようです。社殿の裏に富士塚があったのに見逃しました。


 鷲神社を出たのが5時前後。竹ノ塚駅17:21発の電車に乗らなければならないので、この後はiphoneのナビにしたがってひたすら早足で歩きました。最初は到着予定時刻ぎりぎりだったけれど、早足ゆえ次第に予定が早まり、最後は余裕で間に合いました。迷路のように道が入り組んでいるので、ナビがなければ間に合わなかったかも。ナビの実力を実感しました。ああ、スマホが欲しい!


<炎天寺>

Img_4532Img_4534

 立ち寄る時間がないので、門の写真だけ撮りました。ナビを無視してわざわざここを通ったのです。いい雰囲気の門なので、入れなくて心残り。小林一茶ゆかりの寺で、11月23日の一茶忌には一茶まつりが行なわれます。かつては隣りの八幡神社の別当寺で一体化していたらしい。


おでん「大多福」

Img_4538Img_4536

 浅草のはずれの「大多福」で新年会。よく煮込んだおでんの美味しさもさることながら、下町っぽい風情がたまりません。お江戸オフのメンバーとご一緒できて嬉しく楽しいひとときでした。

<浅草寺>

Img_4539Img_4544

 前回お江戸オフでここに来たのは2010年の羽子板市。あの時はまだスカイツリーは建設中でした。雷門の提灯は去年11月に新調されたばかりでぴかぴかです。雷門が再建された昭和35年以来、6代目。今回も「松下電器」が奉納しました。

 2006年9月に始まったお江戸オフは今年で足掛け9年目に入りました。よくぞ続いています。45回もぶらぶら歩いて、飲み食いしているとはびっくり! この先も1回1回、回を重ねて、気がついたら50回、70回、100回というのが理想かな。メンバーの皆様、愛読者の皆様(もしもいらしたら…)、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

Img_4548


  

|

« 江の島詣で | トップページ | 神代植物公園の梅 »

コメント

一昨日はどうもお疲れ様でした。

すばらしい記事で私は書かなくてもいい気分になっちゃってます~^^;


団子とお豆のお土産で時間をとりすぎてごめんなさいsweat01
番外編を加えたら、お江戸オフはもう60回くらいやってますかね~?
よく続いているのもTompeiさんの企画力と桜桃さんの
宴会力とメンバーの人柄の良さと健脚力のおかげだと思っています。

ず~っとよろしくお願いいたしますね~heart01

投稿: ぶんぶん | 2014/01/27 19:48

>ぶんぶんさん

 土曜日はお世話になりました。参加できて本当によかったですね!

 飽きっぽい私一人ではもちろん続かないし、桜桃さんと私だけでもたぶん駄目。ぶんぶんさんの包容力と笑顔があってこそなのよ。なんと絶妙なバランスの三婆、いや三人娘(^^)。そして、支えてくださるみんなのおかげね。これからも楽しく歩きましょう♪ どうぞよろしく!

投稿: Tompei | 2014/01/28 00:42

先日はお疲れ様でした。
みなさん、いっぱい歩いてお詣りまでしてきたのに、
私だけ遊んできてちゃっかり美味しいところ取りでごめんなさい。(^^;

おでん、本当に美味しかったです。
これがおでんなんだ!と噛みしめて、おかわりまでしちゃいました。(笑)

そうそ、前回の浅草寺は羽子板市で賑々しかったですよね。
だからこの間のあの静けさは独特の物がありました。

こんなに長く続くのも、三人がしっかりタッグを組んでいてくれるからです。
これからもずっとよろしくお願いします!

投稿: 陶片木 | 2014/01/30 22:10

>陶片木さん

 先日はありがとうございました。

 歩いた分だけ、ビールもおでんも美味しくいただきましたよ(^^)。次回はぜひご一緒に歩きましょう!

 コンビニのおでんも十分美味しいけれど、やっぱり手の掛け方が違いますよね。カウンターで好きなものを1品2品注文しながら飲むのもおすすめです。ご主人といらしてね。

投稿: Tompei | 2014/01/31 07:49

ようやくアップ出来ましたぁ。
いかにスリリングだったか改めてびっくり^^;

あれこれいろいろみなさんのおかげで絶妙なバランスを保ちつつ続けられているのだと改めて感謝です。(誰が足を引っ張ってるかは。。笑)

今年もあちこちご一緒出来ればと思います。

投稿: 桜桃 | 2014/02/06 10:30

>桜桃さん

 先日はお世話になりました。
桜桃さんの迅速な予約によって、おでん新年会ができたのだわ。どうもありがとう!

 三婆にふりまわされても文句をいわずに参加してくださる皆さんに感謝ですね。

 これからもよろしくお願いします。

投稿: Tompei | 2014/02/06 13:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/59018491

この記事へのトラックバック一覧です: 第45回お江戸オフ≪西新井≫:

» 第45回お江戸オフ(西新井界隈と新年会) [Fancy Pet]
今年初めてのお江戸オフが先週の土曜日25日にありました。 一時は体調不良でこれは無理か?と思いましたが、お江戸オフがあるからこそ体調を戻せる、そんな心と身体を持つ私です^^ お参りのご利益もあったので... [続きを読む]

受信: 2014/01/28 17:01

» 第四十五回お江戸オフ ~初詣~ その1 [あん・ぷろん・ぷちゅ]
2014年のお江戸オフ初めは、恒例の初詣。 今年はどこに?みるきいさんが現在お住 [続きを読む]

受信: 2014/02/06 09:59

« 江の島詣で | トップページ | 神代植物公園の梅 »