« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »

2014/05/08

川崎大師の赤札

 GW最終日に大開帳中の川崎大師にお参りして赤札(一番右)をいただいてきたので、皆様にもご利益をお分けします。

Img_4840_2

 赤札とは、「弘法大師ご直筆と伝わる『南無阿弥陀佛』の六字名号を版にして、当山貫首が精進潔斎のうえ、祈願をこめて一躰ずつを手刷りにされる尊い『護符』です」(公式サイトから引用)。10年に1度、1ヶ月間にわたって行なわれる大開帳の期間中に参拝者に授与されます。

 お江戸オフ仲間の桜桃さんの情報によって大開帳のことを知り、公式サイトで赤札のことを知って、「どんなものかしら。ぜひいただきたい」と思ったんです。ちゃんと下調べもせずに午後から出かけて、本堂の脇にできた赤札授与の列に何気なく並んだのが2時頃。まさかそれから2時間も5月とは思えない寒空の下で待つことになろうとは、その時は知るよしもありませんでした。最初から2時間待ちとわかっていたらめげたに違いない。

 この回の授与は4時前から始まりました。どうやらスタート時刻は日によってまちまちで事前に発表されないようなんです。ここがミソですね。そんなこととは露知らず……。

 ご本堂の内部に上がり、ご開帳中のご本尊様を間近でお参りした後、長い回廊を進んだ先で赤札が授与されます。それがね、ご本堂に上がり遠目にはご本尊を目にしたものの、最も近づく前に御簾が下りてしまったんです(泣)。毎日4時に閉まるんですって。これからいらっしゃる皆さん、ぜひ午前中からお出かけください。

 この赤札を手にして外に出たのは4時半過ぎ。冷えきった体を熱いお茶とくずもちで温めたくても、喫茶コーナーは軒並み閉まっていました。境内や参道のお土産屋さんで売られている赤札入れを買って、くたびれ果てて駅に向かいました。10年経ったら、また並ぶ気持ちになれるかも……ありがたやありがたや。

Img_4834_2

| | コメント (9) | トラックバック (1)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年7月 »