« 花火2題 2014夏 | トップページ | 見沼通船堀オフ(その2) »

2014/08/28

見沼通船堀オフ(その1)

Img_2 さいたま在住の桜桃さんのお声かけで、昨日このイベントに行ってきました。題して「見沼通船堀 閘門開閉実演」。実は、どんなことが行なわれるか、実際に現地で見るまでよくわかっていませんでしたが、これがなかなか興味深いものでした。そして、お江戸オフにふさわしい題材でした。




 「そもそも、見沼って何?」 これは、wikipediaからお借りした地図ですが、地図上の水色の区域はかつて見沼という沼地でした。縄文時代まではこの辺りまで東京湾が入りこんでいて、その後、海岸線が後退して沼地になったそうです。いやー、埼玉にこんなに広い沼地があったとは初耳でびっくりしました。

320px1_2

 見沼の歴史。江戸初期に関東郡代伊奈氏が見沼の南端に堤防「八丁堤」を築いて灌漑用の溜池を造成しましたが、この「見沼溜井」は十分には機能しませんでした。その後、享保年間になって、8代将軍徳川吉宗が新田開発を奨励したため、井沢弥惣兵衛為永が見沼溜井の干拓に着手し、東西に2本の用水路を開削しました。それが、現在も残る見沼代用水路東縁、西縁です。

 為永はさらに、2本の代用水路とその間を流れる芝川を結ぶ運河を開削し、代用水路と江戸との間を舟で行き来できるようにしました。かつての八丁堤付近に設けられたこの運河が「通船堀」です。ふぅ、やっと出てきた、通船堀。

 この通船堀の問題点は、代用水路と芝川の3mの水位差。そのままでは船が通れないので、東西の通船堀にそれぞれ2か所の関(閘門)を設けて、この関で水位を調節しながら船を上下させて通しました。そう、あのパナマ運河と同じ「閘門式運河」なのです。なるほど! この記事をまとめながら、ようやく理解できた次第。

Img_5067Img_5070

 現在の閘門は復元されたものですが、開閉の手順はかつてのまま。幅18cmの角落(かくおとし)と呼ばれる板を1枚ずつ関枠にはめて水を堰き止めます(左上)。1枚分水位が上がると、次の板を水中に落として前の板の上に取り付けます。右上の写真は下流から見たもの。関の向こう側は水位が上がっていることがわかります。これを繰り返し、次の関と同じ水位にして船を通すしくみです。残念ながら現在は、船は二の関の先には進めません。

Img_5058_4Img_5071

 最初は水位が低く船は岸に上がっていましたが(左上)、閘門を閉めると水位が上がって船が水に浮かびました(右上)。

 水が溜まるのに結構時間がかかって(板が傷んでいて水が漏れる)、のんびりまったり江戸モードの時間進行でした。『見沼通船舟歌』なる歌や踊りも披露されました。雨が降りそうで降らない涼しい日でよかった。この前後に神社などいくつか回ったので、次の記事に続けます。


|

« 花火2題 2014夏 | トップページ | 見沼通船堀オフ(その2) »

コメント

桜桃さんに我が家の位置を説明していただいたとか?
かなり北の方ですよね。
芝川はいつもの散歩コースです。カワセミのいる川です。

我が家ではこの見沼開拓の恩恵を受け、少しの田んぼがありました。
今は減反の結果、畑として使ってますけど。

ご近所には、
広大な田んぼを持って、小作人の仕事を馬に乗って双眼鏡で観察していた豪農や
船を何艘も持って荷物を運んで商売していたお家もあります。

近くにいながら通船堀のところへは行ったことがなく、今回参加できず残念でした。

投稿: hicha | 2014/08/28 18:42

>hichaさん

 興味深いお話を聞かせてくださって、ありがとうございます。hichaさんのお家の位置を確認しちゃいました。西縁のすぐそばなんですね! まさに見沼田んぼの農家のお家と知って、昨日ご一緒できなかったことをますます残念に思います。

 いつかまたお邪魔する機会があれば(図々しくも^^)、お近くをちょっとお散歩してみたいな。チャトランズとも遊びたいけどcat

投稿: Tompei | 2014/08/28 20:40

昨日はご一緒できて楽しかったです。

ぼんやりと頭の中にあった知識がきちんとまとまっているぅ!流石!

そして、思っていた以上に面白い実演でした。
ハナシがね~かったるかったですけどね。

投稿: ゆれい | 2014/08/28 22:02

>ゆれいさん

 一昨日はお世話になりました。楽しい1日でしたね。

 行く前に予習をしておけば、さらに楽しめたでしょうに……。現地を見てからでないと調べる気にならないのがダメダメなところですsweat01

投稿: Tompei | 2014/08/29 07:27

先日は、お世話になりました。
楽しい一日でした(^^)

そして、あらためて、
ここでお勉強させていただきました。

水位の差3メートル
その分の水を溜めるのどかな時間。
江戸時代は今と違い
人々もせかせかしてなかったのかな。

そしてもっと遠い昔、
海岸線が見沼まであったですね~
今は人がいっぱいだが(^^;

投稿: TOKIKO | 2014/08/29 10:58

>TOKIKOさん

 こちらこそお世話になりました。後半のガイド、どうもありがとう!

 関を2つ通過するのに、どのくらい時間がかかったのかしらね。時間も手間もたいへん。

 あんなところまで海だったとはびっくり! 貝塚もあるらしいですよ。
 

投稿: Tompei | 2014/08/29 11:29

見沼の説明、江戸検定のテキストよりよっぽどTompeiさんの
記事の方がわかりやすいです。さすが!

今度何か機会があったら次こそは行ってみたいです。

投稿: ぶんぶん | 2014/08/30 22:22

>ぶんぶんさん

 コメントありがとう! 今回はご一緒できず残念でした。

 今まで見沼のことはまったく知らなかったので、有意義なオフでした。新しいテキストはまだ見ていないので、機会があったら確認しておきます。

 20日はどこに行きましょう?

投稿: Tompei | 2014/08/31 11:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/60222077

この記事へのトラックバック一覧です: 見沼通船堀オフ(その1):

« 花火2題 2014夏 | トップページ | 見沼通船堀オフ(その2) »