« 第50回お江戸オフ≪増上寺&東京タワー≫ | トップページ | 雅叙園と庭園美術館 »

2015/01/30

「東京駅100年の記憶」

Img_2

 東京ステーションギャラリーで開催中の「東京駅100年の記憶」を見てきました。最近までこのギャラリーの存在さえ知らなかったけれど、東京駅復元前の1988年からあったらしい。北のドーム部分(向かって左側)を利用し、赤煉瓦の壁をいかしたギャラリーで、ギャラリーそのものを見学するだけでも価値があります。

 左下の写真は館内の階段。まわりの煉瓦は創建当時のもので、合間の木材の多くが黒焦げになっています。空襲で焼けた名残りでしょうか?

Img_5396_3Img_5395

 東京駅は大正3年(1914)12月20日、新橋と上野を繋ぐ路線の中央停車場として開業しました。辰野金吾の設計によるルネッサンス風赤煉瓦造りの駅舎が6年半もの歳月をかけて建設されました。

 関東大震災ではびくともしなかった駅舎は、昭和20年5月の東京大空襲で屋根と内装のほとんどを焼失してしまいます。その応急修理として、ドームを角屋根にし、全体を2階建てにした、いわば仮駅舎が60年あまりも持ちこたえました。建て替え計画が何度も浮上しましたが、赤煉瓦駅舎保存の市民運動にも支えられ、開業当時の形態に復原して保存されることになったわけです。

 こうした歴史が写真や模型、図面、映像によってわかりやすく説明されていました。

 
Img_5391Img_5390Img_5392

 丸の内のジオラマ。左から、1914年開業時、1964年(東京オリンピック開催年)旧駅舎、2014年復原時。東京駅がまるで、絵本の「ちいさいおうち」のようですね。東京駅を題材にした絵や写真、東京駅が登場する小説の抜粋もなかなか楽しめました。私がまず思い出すのは、松本清張の『点と線』。もちろん、展示されていましたよ。

 ついでに、昨年末の100周年記念特別ライトアップの写真を貼っておきます。東京の歴史を背負ったこの美しい建物が解体されなくて、本当によかった!

Img_5280

 ところで、今日から「100周年記念Suica」購入の受付が始まりますよ。ご希望の方は申込みをお忘れなく! 公式サイト

|

« 第50回お江戸オフ≪増上寺&東京タワー≫ | トップページ | 雅叙園と庭園美術館 »

コメント

ありがとうございます。ついこの間までSuicaの発売申し込み日を覚えていたのに忘れていました。今申し込んできました。
3月までやっているんですね。私も観て来なきゃ!

投稿: ぶんぶん | 2015/01/30 22:32

>ぶんぶんさん

 私も申し込みました。いつもパスモを利用しているので、初スイカです。

 ステーションホテルも見学してみたいわ。宿泊は無理でもお茶くらいはねsmile

投稿: Tompei | 2015/01/31 13:15

寒いですね~
私もぽちしました。どうなるやら・・・。

若かりし頃、ステーションホテル、泊まったことがあります。東京・鎌倉見物に来たの。TDLもない時代でした(笑)お部屋、四角くなかったわ^^;と同じホテルですよね~

私も行ってこなくちゃ。・・・と言って実現出来ないことが多すぎの今日この頃なので、こちらで楽しませていただいておきます☆

投稿: 桜桃 | 2015/02/05 13:49

>桜桃さん

 あら、おひさしぶり! 皆さん、お元気?

 昔のステーションホテルに泊まったことがあるんですね。いいなぁ! 古くて綺麗とは言えなかったけれど、それがまたいい雰囲気を醸し出してましたね。あそこのレストランでごちそうしてもらったことがあります。会社のおじ様ねsweat01 駅のホームが見える部屋に泊ってみたいな。

 お忙しい日々、適当に息抜きしながら頑張ってね。

投稿: Tompei | 2015/02/05 15:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/61057411

この記事へのトラックバック一覧です: 「東京駅100年の記憶」:

« 第50回お江戸オフ≪増上寺&東京タワー≫ | トップページ | 雅叙園と庭園美術館 »