« 島津山から池田山へ(その1)清泉女子大 | トップページ | 第53回お江戸オフ≪西新宿≫ その1 »

2015/06/09

島津山から池田山へ(その2)

こちらの続き)

<雉子神社>

Img_5875 創建は15世紀と言われ、大鳥明神を祀っていました。江戸時代、徳川家光が鷹狩りの途中、一羽の白いキジがこの神社に逃げ込んだのを見て、「雉子宮と称すべし」と命じ、以後「雉子ノ宮」と改称されました。

 島津山と池田山の間の高台に面した神社。かつての境内にビルが建てられ、社殿はそのビルの1階部分にあります。大きな鳥居をくぐり石段を上がると、近代的なビルの中に厳かな神社の空間があり、そのギャップに面喰いました。

Img_5878Img_5879

Img_5874 江戸時代まで雉子神社の別当寺だった宝塔寺が隣接していますが、現在改修中でした。






<ねむの木の庭>

Img_5884Img_5882

 かつて池田山にあった皇后・美智子様の生家正田邸の跡地が品川区立の公園として公開されています。この数日前に両陛下が訪問され、美智子様のお名前に因んだバラ「プリンセス・ミチコ」を観賞されたばかりでしたが、残念ながらバラはすでに剪定されていました。

Img_5778 5月半ばに生田ばら苑で撮った「プリンセス・ミチコ」の写真を貼っておきます。






<池田山公園>

Img_5894Img_5892

 池田山の名称は、この高台一帯に江戸時代、岡山藩池田家の下屋敷があったことに由来しています。この池田山公園はその下屋敷の奥庭の部分。高台の縁の窪み(前の記事の地形図参照)が池になっていて、その池を中心とした高低差がある回遊式庭園です。

 四方から池をのぞきこむような地形になっているので、池まで下りると木々の緑が迫ってくるような何ともいえない雰囲気でした。雨模様の夕方近くだったせいか、薄暗くて気味が悪かった。この記事に書くにあたって調べたら、パワースポットだそうです。富士山から発する龍脈の通り道らしい。

Img_5890


Img_5896 白金台駅に出る途中、オープンしたてのプラチナドンキを発見! 高級住宅街の白金台仕様のドンキホーテはあの派手な色彩ではなく、白やプラチナ基調の落ち着いた外観です。この写真を撮った直後、「○○現代の者ですが、この辺りにお住まいですか?」と声をかけられたことを記念に書いておきましょう(笑)。

|

« 島津山から池田山へ(その1)清泉女子大 | トップページ | 第53回お江戸オフ≪西新宿≫ その1 »

コメント

その節はお世話になりました。

私、池田山公園がそういう云われだということを知らなくて、岡山後楽園とつながりがあったのに無理してでも行けばよかったと後悔!

ドンキ、それで名前にプラチナ?高級住宅地仕様になっていてすごい!うちの方にあるドンキと違ってお洒落で笑えます。

投稿: ぶんぶん | 2015/06/09 13:33

五反田からすぐなので、何かついでがあったら行ってみます>池田山公園
プラチナドンキも中身は普通のドンキと同じものなのでしょうか?

投稿: ゆれい | 2015/06/09 14:52

ぶんぶんさん、ゆれいさん、さっそくコメントありがとうございます。
その節はお世話になりました。

>ぶんぶんさん

 そうそう、後楽園とは池田つながりだったわね。庭園美術館やお寺と合わせて、また歩きましょう!

 白金だからプラチナ。ドンキらしくないドンキでしょ?

>ゆれいさん

 池田山公園は一人だとちょっと心細いかも。晴れた昼間なら大丈夫だろうけれど、この日は人気(ひとけ)がなくて一人だったら池まで下りなかったと思います。

 プラチナドンキ、入ってみればよかったわね。

投稿: Tompei | 2015/06/09 15:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/61687470

この記事へのトラックバック一覧です: 島津山から池田山へ(その2):

« 島津山から池田山へ(その1)清泉女子大 | トップページ | 第53回お江戸オフ≪西新宿≫ その1 »