« 第56回お江戸オフ≪神田≫ その1 | トップページ | 第57回お江戸オフ≪浅草≫ »

2016/01/26

第56回お江戸オフ≪神田≫ その2

こちらの続き)


<万世橋>

Img_0727Img_0729




 万世橋は神田川に架かる橋の1つ。秋葉原に近いので、爆買いツアーの観光バスがひっきりなしに行き来していました。神田川沿いのJR中央本線の線路下には2013年に「マーチエキュート神田万世橋」という商業施設がオープンしました。煉瓦造りの高架橋アーチを利用した洒落た空間が昌平橋に向かって続いています。

 ここには2006年まで交通博物館がありました。私も小学生時代に見学した記憶があります。交通博物館が開業したのは昭和11年(1936)。昭和18年に中央本線の万世橋駅が廃止されるまでは駅に併設されていました。

Img_0731 万世橋駅は明治45年(1912)、甲武鉄道のターミナル駅として開業しました。後に東京駅を設計した辰野金吾による赤煉瓦造りの豪華な駅舎で、駅前には複数の系統の市電が走り、銀座と並ぶほどの繁華街だったようです。しかし鉄道が延長され、7年後に東京駅が開業するとターミナル駅の役目は終わり、さらにその後、神田駅と秋葉原駅が新設されて乗客数は急減していき、やがて廃止に至りました。右の写真は、マーチエキュート内に展示されている旧万世橋駅舎のジオラマ。この駅舎は関東大震災で焼失しました。

Img_0830Img_0733_2

Photo_2 マーチエキュート、交通博物館、万世橋駅とさかのぼり、さらに昔、江戸時代にはこの場所に江戸城外郭門の1つ「筋違御門」があり、江戸城から上野寛永寺に通じる御成道が通っていました。門の内側には火除地が設けられ、道が八方向に通じるので「八つ小路」と呼ばれていました。

 右の浮世絵は、広重の江戸百の「筋違内八ツ小路」。筋違門は右手前方向で絵にはなく、堤のそばに立つ小屋は辻番所で、その奥に昌平橋が架かっています。右奥の小高い丘の中腹に神田明神のお社が見えます。

Photo_3 もう1枚、江戸百から「昌平橋聖堂神田川」。右下に昌平橋が少し見えています。手前の堤と向こう側の坂道が誇張されています。白壁の中に湯島聖堂(昌平坂学問所)があります。

 私たち一行もこの昌平橋を渡り、神田明神に向かいました。





<講武稲荷>

Img_0737_2Img_0736




 秋葉原の電気街の裏手に講武稲荷の小さなお社があります。由緒案内板によると、安政4年(1857)の鎮座。この土地には幕末に幕府が設置した講武所の町屋敷があったので、講武稲荷と呼ばれるようになったようです。

 昌平橋の北側のこの辺りはかつて「神田旅籠町」といい、中山道や日光街道を利用する旅人用の旅籠が多くありました。

<神田明神>

Img_0739_2Img_0742_2

 2015年最後の訪問場所は神田明神。押し詰まった年の瀬の日没近い時間にもかかわらず、参拝客の列ができていました。「今年1年無事にお江戸オフを続けることができ、ありがとうございました。東京タワーに登り、日光に遠征し、充実した1年でした」と手を合わせました。

Img_0744Photo

 末広町駅に出るために男坂の石段(左の写真)を下りましたが、ここを通ったのは初めてのような気がします。正面から出入りしただけではこの高低差が実感できません。江戸百の「神田明神曙之景」で東側を見下ろしている構図が納得できました。

Img_0745 末広町に出る途中、「滝沢馬琴住居跡」の立て看板を発見。






Img_0746 忘年会は恒例のもんじゃ! 今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。

 と、思いきり間が抜けた記事ですが、今週末の新年会オフの前に更新できてほっとしています。さーて、今年はどこを歩きましょうか?!


|

« 第56回お江戸オフ≪神田≫ その1 | トップページ | 第57回お江戸オフ≪浅草≫ »

コメント

さすが、年越ししただけあって読み応えのある記事2つでした。
自分が歩けなかったことが悔やまれます。
江戸百の絵と比較して興味深く読ませていただきました。
ありがとうございます。

今週末もよろしくお願いします。
お天気雨マークだけど、午後から雨が上がるだろうと念じています^^;

投稿: ぶんぶん | 2016/01/26 16:24

>ぶんぶんさん

 さっそくコメントありがとうございます。

 そうなのよ~、雨の予報rain 予報がずれるようにひたすら願っています。

 神田は見逃した点が多いので、平日昼間にご一緒しましょう! ランチはおそばhappy01

投稿: Tompei | 2016/01/26 22:12

先日はお世話になりました。
こうして記事を拝見すると、またまたお勉強になります。
雨マークが消えますように。
そして、お借りしたもの、ちゃんと忘れずにお渡ししなくちゃ~~忘れてたらちゃんと言ってくださいね(^^ゞ。

投稿: hicha | 2016/01/26 22:41

>hichaさん

 コメントありがとうございます。年末のお忙しい中、ご一緒できて嬉しかったです。

 あ、すっかり忘れてました。なんだか得した気分coldsweats01

 雪マークも出てきましたshock 降ってもみぞれくらいかな。新年早々やきもきさせられます。

投稿: Tompei | 2016/01/27 10:26

記事UPお疲れ様です。
今週末の天気が気がかりな私ですが、よろしくお願いします!

投稿: ゆれい | 2016/01/27 14:16

>ゆれいさん

 「雨が降るかも」から「雪が降るかも」になって、やきもき度は上昇していますcrying 降るなら最初からどかんと降ってくれれば、あきらめもつくのだけど、どっちつかずだと判断に困るわsweat01 無事どぜう鍋を囲めますように!

投稿: Tompei | 2016/01/27 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/63116700

この記事へのトラックバック一覧です: 第56回お江戸オフ≪神田≫ その2:

« 第56回お江戸オフ≪神田≫ その1 | トップページ | 第57回お江戸オフ≪浅草≫ »