« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »

2016/04/06

野川の夜桜 2016

 今日はようやく晴れて、花吹雪が舞うお花見日和になりました。ひさかたの光のどけき春の日にしづ心なく花の散るらむ、の和歌がぴったりの1日。散り果てる前に晴れてよかった!

 昨夜はお天気が心配されましたが、野川のライトアップが無事行なわれました。3年ぶりに見られて、気持ちが浮き立ちました。樹齢50年程という野川の桜がこの先もずっと美しい花を咲かせてくれますように。

  Img_1037

  Img_1027

Img_1031


| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016/04/05

皇居の桜 2016

 今日も今日とて曇り空。午前中まで降っていた小雨はようやく上がったようです。今夜は年に一夜限りの野川のライトアップ。どうか、もう雨が降りませんように。

Img_0960

 3月31日に撮った、国立劇場前の神代曙です。この日は、皇居の近くに住む友人のお誘いでお花見に出かけ、国立劇場から半蔵濠、代官町通りを歩きました。いったん友人宅で休憩した後、千鳥ヶ淵のライトアップも見て、皇居の桜を堪能しました。咲きしぶっていた桜がどっと咲いて満開宣言が出た日。皇居の桜は5~6分咲きでしたが、夜まで暖かく、絶好のお花見日和でした。1日の違いでこうも違うとは。

Img_0962_2Img_0969_2

 国立劇場の駿河小町と小松乙女。国立劇場の前庭ではさくらまつりが開催中で、ほうじ茶がふるまわれていました。歌舞伎や宝塚の舞台の桜のような、紅色が混じった華やかな桜が多く、まさに春爛漫といった風情。青空を背景にした桜はやはり美しさが際立ちます。

   Img_0979

 半蔵門を望む半蔵濠の桜。菜の花の黄色との彩りが美しい。

Img_0985

 千鳥ヶ淵の桜。満開まであと一息。

Img_0999

 夜の千鳥ヶ淵。数時間のうちにまた少し開いたかも?

   Img_1006

Img_1003_3

 東京タワーが見える撮影スポットを友人に教わり、人波に揉まれながら必死にiphoneで撮った1枚をトリミングしました。ブレているけれど、気に入っています。

 毎日のようにこのあたりを散歩している友人のガイドで、今きれいに咲いている桜を愛で、いろいろ説明してもらったり、撮影スポットを教えてもらったり、とても有意義なお花見ができました。友人の心遣いが何より嬉しい1日でした。

 この後、九段下勤務の夫と落ち合って千鳥ヶ淵をまた逆行し、半蔵門駅まで歩きました。のべ16645歩。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/04/04

第58回お江戸オフ≪六義園から飛鳥山へ≫

 今年の桜はまばゆい陽の光や青い空を知らずに散ってしまうのでしょうか。3月21日に開花宣言が出た後、気温が低めの日が続いてなかなか開花が進まず、10日後の31日にようやく満開になったというのに以来ずっと曇り空が続いています。そして、今朝は冷たい雨。さほど散ってはいないものの、なんだか色あせてしまったような気がします。

 今回のお花見オフは変則的に平日の3月30日に行ないました。桜の見頃に合わせたつもりでしたが、残念ながらソメイヨシノはまだ3分咲き程度。翌日どっと咲いて満開宣言が出たんですけどね。まったくもって桜の花は難しい。こうしてやきもきさせられるところも桜の魅力かもしれません。

 JR駒込駅11時集合→六義園→昼食→染井霊園→飛鳥山公園

 一足早く満開を迎えた六義園の枝垂れ桜を愛でてから昼食。その後、ソメイヨシノの生まれ故郷の染井霊園を通って飛鳥山まで歩きました。

0945

 枝垂れ桜はまさに満開。高さ13メートル、幅17メートルのこの枝垂れ桜をかつての主の柳沢吉保や岩崎弥太郎も愛でたのかと思いきや、戦後に植えられて樹齢約60年なんですって! 私のトシとあまり変わらないとはびっくりです。お花見客も多さにも驚きましたが、都内随一といわれるのが納得でき、手を合わせたくなるような神々しい美しさでした。背景が青空でないことがかえずがえすも残念。

0946

 昼食後、ソメイヨシノが生まれた染井の地を通り抜けました。ソメイヨシノはエドヒガンザクラとオオシマザクラの交配で生まれた園芸品種で、江戸から明治にかけて染井村の植木職人によって育成されました。いま咲いているソメイヨシノはほぼ全てがクローンだそうです。染井霊園の桜もちらほら咲いていましたが、曇天にちらほらでは撮影意欲がわかず、写真がありません。

Img_0953  染井霊園の近くにある本妙寺に立ち寄りました。元亀2年(1572)の開山後まもなく、家康の関東入国に伴って浜松から江戸城内に移って以来、江戸内を転々とし、明治末に現在地に移転しました。この寺が本郷にあった時代に明暦の大火(1657)の火元になったと言われ(別説あり)、境内に供養塔があります(左下)。また、遠山の金さんのモデルとして知られる遠山景元(右下)や千葉周作のお墓があります。

Img_0952Img_0950

0947

 飛鳥山の桜もまだこれからでした。7年前に見た満開の桜が目に焼きついているので、これではまったく物足りない。そもそも、この日は晴れる予報だったのに……。こういう思いも宴会があれば吹き飛びますが、今回は平日のためそれもなく、とぼとぼと家路につきました。のべ19257歩。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

« 2016年2月 | トップページ | 2016年5月 »