« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »

2016/06/09

お伊勢参り(その7) 名古屋城と徳川園

Img_1220_2

 「尾張名古屋は城でもつ」というフレーズにも謳われ、金のシャチホコで有名な名古屋城。徳川家康が天下普請を命じて築城し、慶長17年(1612)に完成しました。家康の9男の義直が初代藩主として入り、江戸時代を通じて御三家筆頭尾張徳川家の居城として栄えました。

 その初代天守閣や本丸などほとんどの建物は昭和20年の空襲で焼失したことを知ってびっくりしました。せっかく昭和まで残っていたのに、残念です。現在の天守は昭和31年に鉄筋コンクリートにて再建されたもの。
 
Img_1216Img_1215

 平成21年(2009)から本丸御殿の復元工事が始まり、工事が完了した2/3程の部分が公開されています。完成は2018年の予定。豊富な資料が残されており、忠実に再現されているそうです。

Img_1222Img_1223

 名古屋城を後にし、バスで徳川園まで移動しました。徳川園は、尾張藩2代藩主・光友が隠居所として屋敷を造営したことを起源とし、明治22年(1889)からは尾張徳川家の邸宅となった場所です。左上の黒門はその邸宅の遺構。ほとんどの建物は空襲で焼失してしまい、平成13年から日本庭園として再整備されて、平成16年から公開されています。

 徳川園に隣接する徳川美術館には、尾張徳川家に伝えられた数々の重宝が展示されています。浮世絵展が開催されていましたが、旅行3日目の疲れが出て集中力なくざっと回っただけでした。この日ののべ歩数:22338歩。気温が高く、日差しも強くて、ぐったりくたびれました。

Img_1229_3 帰りの新幹線の車窓から見た富士山のシルエット。6時半過ぎに通過したので、ぎりぎりで見ることができました。

 この旅行の後、サミットの行事として各国首脳が伊勢神宮を参拝したため、メディアで伊勢神宮が取り上げられることが多く、興味深く見聞きしました。そんなタイミングでお伊勢参りができてよかったです。さて、次の新しい社殿を参拝することができるかどうか……天照大神のみぞ知る、ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2016/06/06

お伊勢参り(その6) 熱田神宮

 6月になったのにまだGWの記事が終わっていません。

 5月5日。お伊勢参りの旅3日目は、熱田神宮を参拝し、名古屋城を見学するという名古屋観光初心者コースをまわりました。亡き父の郷が愛知県だったので、半世紀程前に家族で行ったことがありますが、ほとんど記憶がないため、初めてのようなものです。

<熱田神宮>

Img_1197_220160505_3


 熱田神宮の主祭神である熱田大神とは、三種の神器の一つ「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」を御霊代とする天照大神のこと。景行天皇43年創建と伝えられ、2013年に創祀千九百年大祭が行なわれました。本宮の社殿は明治26年(1893)に尾張造から伊勢神宮と同じ神明造に改められ、現在の社殿は平成21年に造営されたものです。

Img_1196Img_1209

 下調べを怠り上記のウンチクを知らずに訪ねたので、伊勢神宮と同じような社殿に驚き、草薙剣が御神体と知って驚き、お伊勢参りの後、参拝してよかったと思いました。しかも5月5日は神輿渡御神事の日で、運よく神輿の行列を見ることができました。

Img_1205_3Img_1212_4

Img_1195_2
 参道や、本宮の周回の「こころの小径」の緑が美しく、すがすがしい気持ちで歩きました。この日は参道で写生大会が行なわれており、大勢の親子が熱心に写生していました。






Img_1192Img_1191

 正門の近くにある上知我麻(かみちかま)神社と別宮八剣宮。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年9月 »