« お伊勢参り(その6) 熱田神宮 | トップページ | 第1回 東海道踏破オフ≪日本橋~品川≫ »

2016/06/09

お伊勢参り(その7) 名古屋城と徳川園

Img_1220_2

 「尾張名古屋は城でもつ」というフレーズにも謳われ、金のシャチホコで有名な名古屋城。徳川家康が天下普請を命じて築城し、慶長17年(1612)に完成しました。家康の9男の義直が初代藩主として入り、江戸時代を通じて御三家筆頭尾張徳川家の居城として栄えました。

 その初代天守閣や本丸などほとんどの建物は昭和20年の空襲で焼失したことを知ってびっくりしました。せっかく昭和まで残っていたのに、残念です。現在の天守は昭和31年に鉄筋コンクリートにて再建されたもの。
 
Img_1216Img_1215

 平成21年(2009)から本丸御殿の復元工事が始まり、工事が完了した2/3程の部分が公開されています。完成は2018年の予定。豊富な資料が残されており、忠実に再現されているそうです。

Img_1222Img_1223

 名古屋城を後にし、バスで徳川園まで移動しました。徳川園は、尾張藩2代藩主・光友が隠居所として屋敷を造営したことを起源とし、明治22年(1889)からは尾張徳川家の邸宅となった場所です。左上の黒門はその邸宅の遺構。ほとんどの建物は空襲で焼失してしまい、平成13年から日本庭園として再整備されて、平成16年から公開されています。

 徳川園に隣接する徳川美術館には、尾張徳川家に伝えられた数々の重宝が展示されています。浮世絵展が開催されていましたが、旅行3日目の疲れが出て集中力なくざっと回っただけでした。この日ののべ歩数:22338歩。気温が高く、日差しも強くて、ぐったりくたびれました。

Img_1229_3 帰りの新幹線の車窓から見た富士山のシルエット。6時半過ぎに通過したので、ぎりぎりで見ることができました。

 この旅行の後、サミットの行事として各国首脳が伊勢神宮を参拝したため、メディアで伊勢神宮が取り上げられることが多く、興味深く見聞きしました。そんなタイミングでお伊勢参りができてよかったです。さて、次の新しい社殿を参拝することができるかどうか……天照大神のみぞ知る、ですね。

|

« お伊勢参り(その6) 熱田神宮 | トップページ | 第1回 東海道踏破オフ≪日本橋~品川≫ »

コメント

ご無沙汰ですしています。GWの手抜き記事を少しずつあげているわくわく日記ですが、記事の深さは違うけれどタイミングは似ている方がいるなと。^_^
20年後ですか、元気に旅行ができる状態で生きていたいですね。

投稿: | 2016/06/23 08:07

>惑さん

ご無沙汰しています。お元気ですか?

せっかくコメントをいただいたのに、放置状態なのでお返事が遅くなりました。

老親を訪ねた帰り道、iPhoneでコメントを入力しています。いやー、うまく年を取るのは難しいですね💦

そうそう、お江戸オフは次回から東海道を歩くことになりました。乞う、ご期待😄

投稿: Tompei | 2016/06/24 18:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/63739093

この記事へのトラックバック一覧です: お伊勢参り(その7) 名古屋城と徳川園:

« お伊勢参り(その6) 熱田神宮 | トップページ | 第1回 東海道踏破オフ≪日本橋~品川≫ »