« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »

2016/09/14

第2回 東海道踏破オフ≪品川~蒲田≫

02
    広重「東海道五拾三次之内 品川(日之出)」

 2016年9月3日。9月になれば少しは暑さが落ち着くかと思いきや、まだまだ暑い。雨の心配をしていたのに日差しが強くて、晴雨兼用傘を日傘にして歩き始めました。

15:00JR品川駅集合→品川宿→(休憩:大森海岸「UCCカフェ」)→京急蒲田→18:00宴会「キリンシティ」

Img_1395_2Img_1397_2

 品川駅から第一京浜を南下してまもなく、八ツ山橋の交差点から左の脇道に入ると、旧東海道品川宿の道筋が始まります。上の浮世絵の右側の崖が八ツ山。江戸時代の東海道は海沿いの道だったことがよくわかります。

 品川宿については、お江戸オフで歩いた時に詳しく書いているので、その記事をリンクしておきます。この時は大森駅から歩いたので、今回とは逆に鈴が森方面からの記録になっています。また、今年のお正月の東海七福神めぐりでもこの界隈を歩いているので、そちらもあわせて記しておきます。

Img_1398品川宿
鈴が森~鮫洲
龍馬と品川
南品川
北品川
東海七福神めぐり

 というわけで、品川宿についてはもう書き尽くしたという思いなので、今回はお気軽に歩いただけ。写真もあまり撮っていません。要は手抜きです。でも、歩いた道の写真はもっと残しておきたいと今になって思っています。

Img_1399Img_1400Img_1401

本陣跡、品川寺、鈴が森刑場跡

 旧東海道の道筋は鈴が森の先で第一京浜に合流し、後は蒲田までひたすら第一京浜を進みます。と思いこんで歩きましたが、なんてこった、途中の一部は脇道に入らなければいけなかったのです。2回目にしてもう道を間違えました。第一京浜の写真が1枚もないし、また大森に行ってこようか。教訓:道の確認は念には念を入れよ。

Img_1403Img_1405Img_1408

磐井神社、大森神社、貴菅神社

 貴菅神社は5年前の第一京浜拡幅の際、現在地に移動したとのこと。大正時代に第一京浜が造られた時に旧地から移転して以来2度目。現在、この神社の先から蒲田まで第一京浜の拡幅工事が行なわれています。

Img_1409Img_1410

 蒲田梅屋敷公園。江戸時代、和中散(道中の常備薬)を売っていた山本家が屋敷内に梅の木などを植えて茶屋を開いたことが起源。梅の名所として賑わい、将軍やシーボルトも立ち寄りました。後に明治天皇が9回行幸しています。日本橋から三里十八丁と書いた道標が復元されていました。1里=36町=約3.9キロなので、約13.7キロ。

Img_1411 梅屋敷から500m程先の京急蒲田駅が今回のゴール。ということは、のべ14.2キロ程度ですね。15キロは歩いたと思っていたのに。東海道の2.9%完了。私たちの行く道ははてしなく遠い。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2016/09/06

第1回 東海道踏破オフ≪日本橋~品川≫

01_2
     広重「東海道五拾三次之内 日本橋(朝之景)」

 3ヵ月ぶりの更新。前の記事のお伊勢参りから4ヵ月が経過しました。リオ五輪とポケモンGOと台風の夏が過ぎ、あっという間に9月です。夏休みらしいイベントもなく、のんべんだらりと過ごした2016夏でしたが、一大チャレンジが始まったことだけは記録しておかなければなりません。

 2016年7月2日。お江戸オフ通算60回の還暦記念に(?)、一行は京を目指して日本橋を旅立ちました。新企画「東海道踏破オフ」の始まりです。旧東海道のべ492.1キロを歩くんですよ。そりゃあ、無理でしょう、って思いますよね。私も思いました。いや、今もかすかに思っています。でも歩き始めたからには、なんとか体裁を整えて(笑)ゴールの三条大橋に立ちたい! チームお江戸として襷をつないでいけば、きっと達成できる! 

15:30日本橋三越集合→福徳神社→日本橋→(休憩:大門「上島珈琲」)→品川→18:00宴会「塚田牧場」


Img_1254Img_1258



 この酔狂な企画をよりにもよって夏に始めた酔狂な私たち。多少は暑さがやわらぐ3時半に集合して、まず福徳神社にお参りし「東海道を無事に歩けますように」と手を合わせました。コレド室町の一角に真新しい社殿が建つこの神社は平安時代からこの地に鎮座しているらしい。参拝後、いよいよ日本橋を出発! ビルの電光温度計は32度を示していました。

Img_1259Img_1262

 さぞや照り返しがきついだろうと覚悟していましたが、日本橋から銀座、新橋に至る中央通りはビルの谷間になっていて思ったほど暑くはなく幸いでした。この通りはご多分にもれず、ビルの解体、新築が進んでおり、かつての面影が少しずつなくなっていきます。それを残念に思う私も、川に架かる京橋(左上は往時の欄干)や新橋を知らず、さらに昔の東海道の時代を想像しても実感がわきません。

Img_1265Img_1268_2

 この日直進した国道15号は、日本橋から新橋の交差点までを中央通り、その先、横浜市神奈川区までを第一京浜と呼びます。それにしても、日本橋、京橋跡、新橋跡(左上)、金杉橋(右上)の頭上を首都高が走っているのはなんとも邪魔ですね。4回続けてその下をくぐって、つくづく感じました。

Img_1275 高輪大木戸跡。ここから江戸の外に踏み出します。といっても、まだ墨引内、朱引内なので江戸の管轄。

 ここから少し歩いた品川駅近くの宴会会場がこの日のゴールでした。日本橋から約7キロ。暑い中、ビールを目指して頑張って歩きました。東海道の1.4%完了(爆)。単純計算であと70回は歩かないと京都に到達できません。しかも、歩く場所はどんどん遠くなる……。でも、とにかく歩き出したことが肝心! 先の読めない平成版東海道中膝栗毛にご期待ください。

 今回歩いた道の多くは今までのお江戸オフで歩いているので、参考までにそのときの記事をご紹介しておきます。

日本橋

新橋~泉岳寺

高輪大木戸跡

三田

| | コメント (4) | トラックバック (2)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年10月 »