« 第5回 東海道踏破オフ≪戸塚~藤沢≫ その1 | トップページ

2017/04/20

第5回 東海道踏破オフ≪戸塚~藤沢≫ その2

こちらの続き)

Img_1797_2Img_1800_2Img_1801_2

 戸塚宿を出てまもなく、大坂というなだらかな坂道に入ります。江戸時代はもっと急な坂で、坂の上から見晴らしがよかったらしい。この大坂には昔の松並木の一部が残されており、旧東海道の面影をほんの少ししのぶことができます。ほかに古いものといえば、庚申塔くらい(左下)。また、少し先にお軽勘平道行碑(右下)があります。歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』の名場面にちなんで建てられたもの。

Img_1798Img_1802

 さらに進むと右手前方に富士山が見えました。どんな時でも富士山が見えるとテンションが上がりますが、江戸時代の旅人もきっと同じ思いだったでしょうね。まもなく原宿の一里塚跡(右下)。日本橋より11里目。塚の付近に立場茶屋があったので、原宿と呼ばれるようになったそうな。我々も現代版茶屋のマックで休憩しました。

Img_1804Img_1806

 影取町の名残りの松(左下)を通りすぎ、影取の地名の由来となった池がある諏訪神社(右下)に手を合わせて先を急ぎました。

Img_1808_3Img_1811_3

 横浜市戸塚区から藤沢市に入ってまもなく、旧東海道松並木跡碑(左下)が建っています。その先から始まる遊行寺坂(別名、道場坂)の途中に遊行寺の一里塚(中)(江戸から12里目)と藤沢宿の江戸方見付跡(右下)があります。遊行寺坂は箱根駅伝の中継でお馴染みですね。

Img_1813Img_1818Img_1819

 正式名称、清浄光寺(しょうじょうこうじ)は時宗総本山。今では通称の遊行寺のほうが知られています。時宗宗祖の一遍上人は、「南無阿弥陀仏」の念仏を集団で踊りながら唱和する踊り念仏によって極楽往生に至れる、と大衆に説いて諸国を旅したので、遊行上人と呼ばれました。初代の一遍から4代目に当たる呑海が1325年に清浄光寺を開山したと言われています。

Img_1830Img_1829

Img_1823 夕暮れ時で広々とした境内にはほとんど人影もなく、樹齢700年といわれる大銀杏が静かに堂々と枝を広げていました。富士山のシルエットが夕焼けに浮かんで美しかった。

 遊行寺の門前にある「ふじさわ宿交流館」という資料館は残念ながらすでに閉館していました。境川に架かる藤沢橋の近くには江の島弁財天道標や藤沢宿の案内板がありましたが、辺りはすでに薄暗く、この日の東海道歩きはここで断念しました。次回は交流館見学から始めることにします。

Img_1832Img_1838

 この後、JR藤沢駅まで歩いて、さいか屋内の居酒屋で乾杯しました。三条大橋まで513キロ中、51キロ踏破。ようやく1割歩いたことになります。先は長いけれど、少しずつ進んでいることは確か(笑)。この日の歩数はiPhoneの機種変更で不明ですが、2万歩は超えたようです。


|

« 第5回 東海道踏破オフ≪戸塚~藤沢≫ その1 | トップページ

コメント

宿題終了おめでとうございます。
やっと箱根にとりかかれますね!wink
あの時は遊行寺の坂、きついなと思っていたけど箱根の山超えするとたいしたことなかったな~と思えてきました。

次はまた藤沢からですね。よろしくお願いいたします。

投稿: ぶんぶん | 2017/04/21 09:41

>ぶんぶんさん

 コメントありがとうございます。5日も放置してごめんなさい。

 権太坂も遊行寺の坂も箱根に比べれば、なんてことなかった(^^;)。この先も箱根以上の坂はない、よね? とはいえ、楽しく面白い道ばかりではないと思うけれど、三条大橋を目指して少しずつ前に進みましょう。

 これからもよろしくお願いいたします。

投稿: Tompei | 2017/04/26 10:30

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/26427/65072906

この記事へのトラックバック一覧です: 第5回 東海道踏破オフ≪戸塚~藤沢≫ その2:

« 第5回 東海道踏破オフ≪戸塚~藤沢≫ その1 | トップページ